ことば

普段耳にしている「ことば」でも、なぜそう言われるようになったのか、知らないことって意外とたくさんあります。日本語はとっても奥深い!日本人として、美しいことば、興味深いことば、ぜひ知っておきたいですね。

中秋の名月<十五夜>

ちゅうしゅうのめいげつ<じゅうごや>

kotobawosukuu-01

新月が「一日」というように月の満ち欠けで日付が決められていた旧暦(太陰太陽暦)では、満月に近くなる毎月十五日を特別な夜とし、十五夜(じゅうごや)と呼んでいました。中でも旧暦の八月十五日は、秋の真ん中にあたり「中秋」といい、特に月がきれいに見えたことから「中秋の名月」と呼ばれることに。秋の収穫に感謝する日でもありました。実は十五夜・中秋の名月は満月とは限らないって知っていましたか?月の軌道で少しずつずれるのだそうです。今年の中秋の名月は九月十五日ですが満月は十七日なのです。

 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop