ことば

普段耳にしている「ことば」でも、なぜそう言われるようになったのか、知らないことって意外とたくさんあります。日本語はとっても奥深い!日本人として、美しいことば、興味深いことば、ぜひ知っておきたいですね。

待宵の月

まつよいのつき

kotobawosukuu-02

待宵とは旧暦八月十四日、すなわち十五夜の一日前の宵いのこと。その宵の月のことを待宵の月(まつよいのつき)と言います。お月見はお花見と同じように昔から人々の最大の楽しみだったようです。待宵(まつよい)と言う言葉ができてしまうほど、指折り数え、十五夜を待ち焦がれたのでしょう。電気のなかった時代には月夜のあかりはとても待ち遠しいものだったのでは。ちなみに、来ることになっている人を待つ宵のことも待宵と言うのだそう。待っているときが一番わくわくするのは、今も昔も同じですね。

 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop