ことば

普段耳にしている「ことば」でも、なぜそう言われるようになったのか、知らないことって意外とたくさんあります。日本語はとっても奥深い!日本人として、美しいことば、興味深いことば、ぜひ知っておきたいですね。

十六夜の月

いざよいのつき

kotobawosukuu-03

旧暦で毎月の十六日の夜のことを指し、その夜の月を十六夜の月(いざよいのつき)と呼びます。「いざよう」とはためらうという意味で、十五夜よりしばらく遅れてためらうようにのぼることからそう呼ばれるようになりました。十六夜の次は、まだかまだかと立って待つ十七夜「立待月(たちまちづき)」、その翌日は立って待つには長すぎる十八夜「居待月(いまちづき)」、さらに遅くなり寝て待つ十九夜「寝待月(ねまちづき)」と続きます。昔の人は十五夜を過ぎても名月を惜しんだようです。

 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop