ことば

普段耳にしている「ことば」でも、なぜそう言われるようになったのか、知らないことって意外とたくさんあります。日本語はとっても奥深い!日本人として、美しいことば、興味深いことば、ぜひ知っておきたいですね。

夕焼け小焼け

ゆうやけこやけ

kotobawosukuu-05

童謡の赤とんぼに「夕焼け小焼けの~」とフレーズがありますが、小焼けって?と疑問に思い調べてみました。「小焼け単体では意味がなく、前の語と同じひびきを持つ意味のない言葉、語調・音をととのえる語」とありました。大判小判、仲良しこよしのようなものだそう。“小焼け”があったほうが、あたたかい家路につく親子?兄弟?の心的情景が伝わってきますよね。ちなみに私は「おわれてみたのは~」は「追われて」だと思っていました。おんぶされてみた見た夕景だったんですね…

 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop