ことば

普段耳にしている「ことば」でも、なぜそう言われるようになったのか、知らないことって意外とたくさんあります。日本語はとっても奥深い!日本人として、美しいことば、興味深いことば、ぜひ知っておきたいですね。

虫時雨

むししぐれ

kotobawosukuu-07

聞こえてはやみ、やんでは聞こえる虫の声を、降ったりやんだりする小雨(=時雨)の音にたとえた言葉。日本人は虫の声を、言語と同様の左脳で聞ける数少ない民族だという説があります。庭で虫が鳴いていると、もっと聞きたいと庭に出ていくのが日本人で、鳴いていても気づかない、もしくは雑音のように聞こえ、うるさいと窓を閉めてしまうのが外国人なのだとか。日本人は虫の音を「虫の声」として聞いているそうです。他にも同じように音や姿を時雨にたとえた言葉に、落ち葉時雨、川音時雨などがあります。

 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop