ことば

普段耳にしている「ことば」でも、なぜそう言われるようになったのか、知らないことって意外とたくさんあります。日本語はとっても奥深い!日本人として、美しいことば、興味深いことば、ぜひ知っておきたいですね。

紅葉狩り

もみじがり

kotobawosukuu-09

桜や梅は花見というのに、紅葉だけなぜ「狩り」というの? 一般的に、「狩り」というと、「山野に入って鳥や獣を捕える」というイメージ。実際に大昔から、「鷹狩り」や「鹿狩り」、薬草や鹿の若角を取る「薬狩り」などが行われていました。人々は「狩り」をするうちに、自然の美しさに目覚め、いつしか「景色」を求めて山野に入るようになっていったそう。こうして、紅葉を観賞するために山野に入ることを「紅葉狩り」と言うようになったといわれています。桜もそれを求めて山野に入ることを「桜狩り」というそうです。

 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop