ことば

普段耳にしている「ことば」でも、なぜそう言われるようになったのか、知らないことって意外とたくさんあります。日本語はとっても奥深い!日本人として、美しいことば、興味深いことば、ぜひ知っておきたいですね。

黄 昏

たそがれ

kotobawosukuu-09

雲のない西の空に夕焼けの名残が残る時間帯のこと。黄昏は江戸時代になるまでは「たそかれ」といい、夕暮れの暗さになると人の顔や姿の識別がつかなくなり「誰そかれ(誰ですか、あなたは)」とたずねたことから、夕暮れ時をさす言葉になったそうです。また、一日の盛りを過ぎた時間帯であることから、人生の盛りを過ぎるころとしても喩えられるようになりました。ちょっとうら寂しい喩えですが、私は黄昏に風情を感じます。

 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop