体験

「しょく」=食、職、触。さまざまな情報を手に入れることがたやすくなった今の時代においても、生の体験、実際に自分の手で触れることを大事にしていきたい。1人でも、友人やお子さんとでも。「触れる」魅力を宝物に。

shokuiku03-01
 
佐久島という自然豊かなロケーション。心も体も開放的な雰囲気の中、親子で“原体験”に触れられる場所があります。根っこを育む自然塾代表の谷英樹さんと、なごや環境大学との共育講座「ひと昔前の暮らし体験」です。原体験とは、自然の中で火をおこしたり、土や木のぬくもりを感じたり、昆虫や動物を間近に見たり、触れたりといった、五感をフルに使う体験のこと。実は“尾木ママ”こと、教育評論家の尾木直樹さんも、「こどもの能力を伸ばすなら、早期教育よりも(原体験ができる)家族キャンプ!」を提案しているとか。
谷さんいわく、「“つ”で呼べる年齢(1つ~9つ)までは、自然の子。10年後、20年後のこどもの未来を彩る“根っこ”は、9歳までに育むのが良い。心と体を育む土壌は、自然の中にあるのです」。
そんな魅力的な“原体験”を味わうべく、佐久島を訪れました!
 
 
まずはお昼ごはんの材料を調達に、サツマイモ掘り
 
本日の参加者は、全部で4組の親子。朝10時に佐久島の西渡船場で集合し、まずは畑でお昼ごはんの食材を調達します。収穫するのはサツマイモ。
 
shokuiku03-02
クワで畑の土を耕します。
 
shokuiku03-03
サツマイモが折れないよう、丁寧に手で掘り出し――
「ひとつの茎に、たくさんのサツマイモがついてる!」
「おっきい~!!!」
と、こどもたちもワクワク、夢中に。
 
shokuiku03-04
穫ったら、カゴに集めましょう~!
 
shokuiku03-05
収穫したサツマイモとみんなの荷物をリヤカーに乗せて、目的地となる「根っこの家」(活動場所)まで運びます。
 
 
バンガローに到着したら、本日の役割決め!
 
shokuiku03-06
「根っこの家」に到着すると、黒板にスケジュールが書かれていました。
 
まきわり
昼食作り(カレーライス)
・ 火おこし ごはん炊き
・ 料理
椿の実拾い
 
「ひと昔前の暮らし体験」の特長のひとつが、こどもが中心となって進めていくということ。役割分担も自分たちで決めて、どんな料理をつくるのか?どうやって作ったらいいのか?は、近くのカフェにこどもたちだけで出かけ、情報収集する。揉め事がおこっても大人はあまり介入せず、こどもたちで解決する。考える力、行動する力、気づく力が、自然に学べる環境です。
 
まず、立候補したこどもが司会進行し、役割分担を決めます。
まきわりは全員で行い、昼食作りは、火おこしチームと、ごはん炊きチーム、料理チームに分かれました。
 
 
おそるおそる…、初めての「まきわり」
 
shokuiku03-07
斧で大割りしたあと、鉈(なた)で木に少し切り込みを入れてから、思い切り振り降ろす!“思い切り”が想像以上に大切。渾身の力で振り下ろさないと、木が全然割れないのです。初めての「まきわり」。こわごわスタートしましたが、慣れてくると楽しくなってきました。
 
shokuiku03-08
こどもも1人でできるように!
 
 
火おこしをして、青空の下、カレーライス作り
 
shokuiku03-09
どのように木を並べると、上手に火がおこせるかな…?
 
shokuiku03-10
 
shokuiku03-11
見事!火がメラメラ燃え上がってきました!
“火の近くは熱い”
“煙たい”
“煙が目に入ると、目が痛い”
そんな感覚も「原体験」なのです。
 
shokuiku03-12
煙、目が痛いよね(涙)!
普段の生活ではなかなかこういった体験ができないので、これも貴重な経験。
 
さて、料理チームになった私たち。
 
shokuiku03-13
広いテラスで野菜を切ります。開放的で気持ちが良い~!
 
shokuiku03-14
収穫したサツマイモはスライス。素揚げして、サツマイモチップにするのです!
 
shokuiku03-15
こちら、島のおばあちゃんにおすそ分けしていただいた「むかご」を炒めています。「むかご」とは、自然薯の赤ちゃんのこと。佐久島の自然薯はおいしいと評判なのだそうです。
 
shokuiku03-16
料理上手な女子が作っているのはサラダ。ニンジンの千切りに混ぜているのは、スナック菓子の「カラム~チョ」。マヨネーズで和えて仕上げます。これ、本当においしい!こどもたちのつまみ食いが止まりません(笑)。
「ニンジン&カラムーチョサラダのアイデア、すごいね!」と話したところ、
「前にキャンプでつくったの~!」と女子。
どうやら、アウトドアの達人のようです!
 
そしてもうひとつ、つまみ食いが止まらなかったのが、さつまいもチップです。
 
shokuiku03-17
 
 
カレーライスもできあがり、お昼ごはんタイム
 
shokuiku03-18
自分たちで一生懸命つくったカレーライス、サラダ、さつまいもチップ。
青空の下、みんなで一緒に食べるお昼ごはんは、いつもよりおいしく感じられます!
 
shokuiku03-19
くつろぎすぎ~なポーズ(笑)!
 
shokuiku03-20
 
shokuiku03-21
おや!海沿いで食べている親子も。ロマンチック~!
近づいてみました。
「おいしいか~い?」
 
shokuiku03-22
「おいひ~よ~!あつッ!!!」(笑)
 
 
お腹がいっぱいになると――
思い思いに、遊びを見つけ始めました!

 
shokuiku03-23
森の中のブランコ。この上にはツリーハウスも!
 
shokuiku03-24
目の前は、海。天気が良くて、海面がキラキラしています。
よし、浜辺に降りてみよう!
 
shokuiku03-25
石を動かしてみると――、カニを発見!
ほかにもニシ貝やヤドカリなど、たくさんの生き物がいます。
 
shokuiku03-26
「貝殻たくさん集めたよ~!持って帰って、後からお絵描きしよう」。
さすが女子、発想がかわいい。
 
スケジュールには海岸遊びの予定はなかったけれど、どんな遊びをしようと自由。自然の中には興味を引くものがいっぱい。やりたいことを自分たちで見つけ、楽しみ、さぁ、次は何をしよう?と考える。この経験の積み重ね、“生きる力”が育まれそうですね~!
 
 
本日のメインテーマは「椿の実を拾おう」
森の中へ散策にでかけます

 
shokuiku03-27
「あるっこ~、あるっこ~♪ わたしは~、げんき~!」
となりのトトロの「さんぽ」を口ずさみながら元気に歩きだした一同ですが、椿の実ポイントは森の奥の方にあり、次第に「谷さん~!まだ-!?」の声が出だした頃、到着!歩き始めて30分くらいでしょうか。いい運動になりました!
ところで、椿の実ってどれだ!?
 
shokuiku03-28
これです!
 
shokuiku03-29
足元にたくさん落ちていました。この椿の実を使い、地元の中学校で椿オイルを生成し、佐久島ブランドとして販売しています。拾った実を中学校に寄付し、私たちは椿オイルをお土産にいただきました。
 
再びバンガローへ。さきほど拾った貝殻に、絵を描き始めたこどもたち。
 
shokuiku03-30
真剣な表情です。
それにしてもこどもたちの発想ってユニーク。石が猫になったり、魚になったり。石の形から、創造力がどんどん膨らみます。
 
そろそろ帰りの船の時間が近づいてきました。お友達や谷さんに「ありがとう!またね~!」お別れを伝え、帰路につきました。
 
shokuiku03-31
みんなを案内してくれた谷さん。こども心をつかむプロ!こどもたちから「谷さん~!谷さん~!」と親しまれていました。本日はありがとうございました。
 
 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop