デザイン・ことば

HIROBAオリジナルのご当地LINE スタンプづくりに挑戦。制作のルールや工程を学びながらリリースまでの裏側をご紹介します。さて、どんなスタンプができるのか!?無事リリースできるのか!?

「ご当地LINEスタンプ工房」第5回目担当は、前回に引き続き奥村です。HIROBAくんのポーズも40種類ばっちり決まったので、いよいよデータ化することに! データに起こす作業をこなしていくだけなので簡単簡単!と思っていたのですが、ここでもまた悩む私…。今回は私がスタンプを作成するときに使ったツールや、気がついた注意点をご紹介します!
 
 

  • 三度の飯より居眠りが好き。いや三度の飯も居眠りも♡。
    デザイナーの奥村です。イラスト好きなので楽しみです~。
  • お酒は2杯同時に!ハイボール好きの晴(はる)です!
    ディレクターをしています。イラスト全然得意じゃないから不安です…。
  • おすすめスタンプは「ライスバーガーと愉快な仲間たち」。
    デザイナーの永田です。よろしくお願いしますー。
  • 仕事の合間におやつ。いやおやつの合間に仕事。
    HIROBA最年少デザイナーみーです。及ばずながらがんばります!!
  •  
     
     
     

    イラストをデータ化するのに
    どんなツールを使うの?

     

  • 奥ちゃん、HIROBAくんの進捗いかが?
  • 40個できた?(※10月12日より8・16・24・32個での販売が可能になりましたが、スタンプ工房は40個で進めていきます!)
  • ううう…できてません…行き詰まってます。思ったより悩んでしまって…。
  • どんな部分で悩んでるんですか? 色味とか?
  • 色も含めたキャタクターのトーンかなぁ…。やわらかい雰囲気を出すために手描きしてみたり、パソコン上でカチッと仕上げてみたり、色々試してみたけどそれぞれにメリット・デメリットがあって…。
  • できてるのある?
  • はい。試しに3つのトーンで作ってみました。
  •  
     
    05stampkobo-01

  • わぁ~! 色がつくと印象変わりますね~。
  • へーーー。いいと思うけどなぁ! で、どんなツールで描いたの?
  • 「A」から順番に説明しますね。
  •  
     
     
    05stampkobo-02
     

  • まず「A」ですが、これは線がアナログで、色は「Adobe Photoshop」というソフトを使っています。チャコールペンシルと言う鉛筆で描いた線画をスキャンしました。デッサン用の木炭鉛筆だから、普通の鉛筆よりもがさがさ感が出やすくて好きなんです。ちなみに、HIROBAの別コンテンツ「してみたい暮らし」のロゴもそれで作りました。ただ、スタンプの原寸サイズにすると、思っていた以上に小さくてがさがさ感が潰れてしまいました…。
  •  
     
    05stampkobo-03
     

  • うーーん…多少ガサッとはしてるけど、スマホサイズで見るとわからないかもね。例えばPhotoshopの鉛筆風のブラシで質感だした方がよかったんじゃない?
  • そう思います。アナログのやさしい感じがHIROBAくんに、合うと思ったのと、私が手描きの方が好きなので手描きの線画にしたかったんですけど…。
  • ねぇねぇ、私のパソコンにはPhotoshopが入ってないんだけど…そういう人はどうやって塗ればいいの??
  • 最終的に「PNG」という形式で保存できれば、Photoshop以外のお絵描き系ソフトやツールで色を付けてもOKです。
  • 「PNG」ってなに??「 JPEG」とは違うの?
  • 「PNG」は背景が透過できる保存形式のことです。「JPEG」だと背景が白くなっちゃうんです。
  •  
     
    05stampkobo-04
     

  • でも、Photoshopって有料だし、持ってない人のが多そうですね…。
  • ふふふ…そんなこともあろうかと…!って訳じゃないんだけど、おすすめのフリーソフトがあるよ。
  •  
     
     
    05stampkobo-05
     

  • 「B」で使った、フリーソフトの「FireAlpaca」。無料でダウンロードできて、ブレずにきれいな線が引けるので気に入ってます。もちろん色も塗れます。
  • フリーソフトって探せば他にもいろいろありそうですね!
  • そうだね。私が探してみた範囲でもいくつかあったよ! このFireAlpacaはショートカットやパレットの配置が私が使い慣れているPhotoshopに近かったので選びました。あとはmacにも対応していたので! 線に思い通りの強弱をつけたいときは、デジタルの線画がいいですね。
  • 強弱って漫画の線みたいに1本の線に太いところと細いところがあるってことだよね?
  • そうです! でも、線の強弱をいい具合につけるのも難しくて…。なかなかしっくりこなかったのでさらに別の方法で描いたのが「C」です。
  •  
     
     
    05stampkobo-06
     

  • これは線、塗り…全て「Adobe Illustrator」でつくりました。ブレがなくてきれいに一定の太さの線がひけるのと、線を描いた後も、太さを変えたり、線をなめらかにしたりとか、細かい調整ができるところが有り難いです。
  • 色やパーツの位置も気軽に変えれますしね。
  • そう、手の位置を少し変えたり、汗をとったり、増やしたり。先輩方から理不尽な修正も入るかもしれないし…。
  • ここ、もっと動きのフリを大きくできない(笑)?
  • ん~…なんかもうちょっといい感じにならない(笑)?
  • そうそう、そういう修正が入ったときにもさささっと対応ができます(笑)。
  •  
     
     
     
     

    スタンプの作成サイズと注意点

     

  • そういえばさ、スタンプって規定のサイズはあるの?
  • もちろんあります! 【W80~W370×H80~H320px】です。このサイズ内なら自由に変えてOK。ただし、偶数じゃないとダメみたいです。
  • どうして偶数なんですか?
  • スマホの画面サイズによってスタンプが自動で縮小されるんだけど、奇数だとイラストがぼけちゃうみたい。作ったスタンプを試しにトークルームで確認できるといいんだけど…。
  • それできるよ。
  • え!?
  • クリエイター登録したマイページに、作ったスタンプをプレビューできるページがあるよ。
  • も~、早く教えてくださいよ~~!
  • ごめん、忘れてた(笑)。
  • 縮小されて線が潰れたりしないか、細かすぎてごちゃごちゃしないか、とかチェックしたいですよね~。
  • そうなんだよ~!
  •  
     
     
     
     

    自分のこだわりポイントに合った
    ツールを選ぼう!

     

  • 最初に悩んでるって言ったんですが… 話しをしているうちに「C」の線画にPhotoshopで色を塗ろうかなぁと思ってきました。どうしても線画を細かく調整したくて。
  • 分かった! 奥ちゃんの作業だから、そこは任せるよ。
  • うん。でも、HIROBAくんの色は、HIROBAのウェブサイトが黄色をポイントに使ってるから、黄色を入れて欲しいな。
  • なるほど! 了解です。色を調整したら、また見せますね。
  • もし、また行き詰まったら相談に乗るからね~。
  • 作業で手伝えることあったら言ってください!
  • 隣で応援してるわ。
  • 永田先輩…。協力してください(笑)。
  •  
     
     
     
    清書、色づけはキャラクターに命を吹き込む大切な工程! 40種類を展開するという大作業になるので、自分にあったツールを使うのがいちばん。メンバーからの意見も参考にHIROBAくんをデータに起こしていきたいと思います! 次回更新は12月下旬を予定しています。いよいよLINEの運営会社にHIROBAくんスタンプを申請。HIROBAくんついにリリースできるか否か…!? お楽しみに!!
     
     
     

    << 前へ   次へ >>

     

     
     

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop