ことば

普段耳にしている「ことば」でも、なぜそう言われるようになったのか、知らないことって意外とたくさんあります。日本語はとっても奥深い!日本人として、美しいことば、興味深いことば、ぜひ知っておきたいですね。

風 花

かざはな

kotobawosukuu-16

遠くの山に降った雪が風にのって麓に舞い降りてくること。または、風上の雲によって晴天に花びらが舞うようにちらちら降ってくる雪や雨のこと。降ったと思えばすぐに消えてしまう儚さを花びらに喩えたのですね。風花と同じ意味を持つ言葉には「天泣(てんきゅう)」、「狐の嫁入り」もあります。言い方によって受ける印象が違うのがおもしろいですね。それほど多くは出会えない奇跡のような現象。このような日は空を見上げてみて。虹が見えることもあるようです。

 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop