ことば

普段耳にしている「ことば」でも、なぜそう言われるようになったのか、知らないことって意外とたくさんあります。日本語はとっても奥深い!日本人として、美しいことば、興味深いことば、ぜひ知っておきたいですね。

天手古舞

てんてこまい

kotobawosukuu-17

「てんてこ」は祭囃子(まつりばやし)や里神楽で使う太鼓の音のこと。その音にあわせて舞う様子をてんてこ舞というそうです。忙しくてばたばた動き回る様子をそれに喩えたのが天手古舞の語源。同じ忙しさを表す言葉に「きりきり舞い」があります。こちらは独楽(こま)のように片足立ちで勢いよく回転することからきた言葉。年の瀬の忙しさも、“きりきり”より、“てんてこ”と舞を踊っていると思ったほうが、少しだけ安らぐ気分になりませんか?ちなみに「天手古」は当て字だそう。

 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop