ことば

普段耳にしている「ことば」でも、なぜそう言われるようになったのか、知らないことって意外とたくさんあります。日本語はとっても奥深い!日本人として、美しいことば、興味深いことば、ぜひ知っておきたいですね。

正月仕舞い

しょうがつじまい

kotobawosukuu-19

正月はもともと、その年の農作物などの豊作を司る“年神様”を家に迎えるめでたい行事でした。正月仕舞いとは、年末に大掃除、おせちの準備、門松やしめ縄の飾りつけなどをして1年を仕舞い(しまい=終わらせる)、新しい年の始まりを気持ちよく迎えるために行う支度のことを言います。お正月の後片付けと捉えがちですが、違うんですね。昔の人は神様のお迎えのため、そして自分たちの暮らしを豊かにするために、正月仕舞いに取り組む意気込みも大きなものだったのではないでしょうか。

 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop