ことば

普段耳にしている「ことば」でも、なぜそう言われるようになったのか、知らないことって意外とたくさんあります。日本語はとっても奥深い!日本人として、美しいことば、興味深いことば、ぜひ知っておきたいですね。

無患子

むくろじ

kotobawosukuu-22

正月の空に清々しく軽快な音を響かせる「羽根突き」。羽子板で羽根を打ち合う、日本の正月を象徴する伝統的な遊びのひとつですね。ところで、羽根の先端についている黒い玉。あれは「無患子」という木の種子で、その名の通り「子どもの無病息災」という意味が込められており、お守りの中身にも使われています。また、色鮮やかな羽根は、伝染病の原因となる蚊をエサとするトンボがモチーフ。小さな羽根には、子どもの健康を願う先人たちの想いが散りばめられているのです。

 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop