ことば

普段耳にしている「ことば」でも、なぜそう言われるようになったのか、知らないことって意外とたくさんあります。日本語はとっても奥深い!日本人として、美しいことば、興味深いことば、ぜひ知っておきたいですね。

天邪鬼

あまのじゃく

kotobawosukuu-26

「鬼は外、福は内」。豆をまいて鬼を追い払い、幸せな1年を願う節分がもうすぐやってきます。そんな今の季節に「豆まきなんて、やっても意味ないよ」なんて言っている人がいたら、その人の中では「鬼」が悪さをしているはず! そう、ひねくれ者の「天邪鬼」です。その名は古事記や日本書紀にも登場する「天探女(あまのさぐめ)」という、人の心の内を探り意に逆らう悪神の名前が変化したものといわれています。心の隙間にふと「天邪鬼」が入り込んできたらーー、節分の豆撒きで追いはらいましょう!

 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop