ことば

普段耳にしている「ことば」でも、なぜそう言われるようになったのか、知らないことって意外とたくさんあります。日本語はとっても奥深い!日本人として、美しいことば、興味深いことば、ぜひ知っておきたいですね。

春うらら

はるうらら

kotobawosukuu-34

日ごとに春の気配を感じるようになりましたね。春の歌の歌詞でも耳にする「春うらら」。辞書を引くと「春の麗らかな様子、明るく朗らかでのどかなさま」とあります。ことばから想像できる通りなのですが、そもそも「うらら」ってどういう意味?と思い調べてみました。語源は、「うらうら」(日ざしが明るく穏やかなさま)と言われています。そして江戸時代の語学書には「ゆらゆら(寛々)」が転じてうらうらになったとされています。ゆらゆら(寛々)は「ゆったりとした、ゆうゆうとした」といった意味です。ゆらゆら→うらうら→うららと、なったようです。

 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop