ことば

普段耳にしている「ことば」でも、なぜそう言われるようになったのか、知らないことって意外とたくさんあります。日本語はとっても奥深い!日本人として、美しいことば、興味深いことば、ぜひ知っておきたいですね。

花 筏

はないかだ

kotobawosukuu_37

桜の美しい季節がやってきましたね。桜を愛する日本人は、昔から桜に関する言葉をたくさん生んできました。花曇、花冷え、花の風、花吹雪、花筏などなど。今回はその中からあまり聞きなれない「花筏」という言葉について紹介します。花筏とは桜の散る頃に見られる現象で、散った花びらが寄せ集まって水面に浮かび、まるで筏のように帯状に川を流れていく様子を言います。日本らしい風流な言葉ですね。花びらが水面に敷き詰められた花筏はどこか寂しくもあり、しかし美しくとても幻想的です。散った後も私たちを楽しませてくれる桜。満開の桜も美しいですが、今年は散った花も愛でてみるのはいかがでしょうか。

 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop