ことば

普段耳にしている「ことば」でも、なぜそう言われるようになったのか、知らないことって意外とたくさんあります。日本語はとっても奥深い!日本人として、美しいことば、興味深いことば、ぜひ知っておきたいですね。

吹き荒ぶ

ふきすさぶ

kotobawosukuu_41

ぽかぽかと暖かくやさしい日差しとはうらはらに、風がビューっと「吹き荒ぶ」のも春の気候の特徴といえます。「吹き荒ぶ」の「荒ぶ(すさぶ)」とは、文字通り「荒れる、激しくなる」という意味。平安時代には、風や雨といった自然現象だけでなく心情変化の表現としても用いられ、現代においてもその両方の表現に使われています。風が吹き荒ぶ時期でも、心穏やかに過ごしたいものです。

 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop