ことば

普段耳にしている「ことば」でも、なぜそう言われるようになったのか、知らないことって意外とたくさんあります。日本語はとっても奥深い!日本人として、美しいことば、興味深いことば、ぜひ知っておきたいですね。

麦 秋

ばくしゅう

kotobawosukuu_50

緑が美しい初夏のイメージとは対照的に、黄金色に輝き、刈り入れの時期を迎える穀物があります。それは麦です。麦の刈り入れの季節である初夏を「麦秋(ばくしゅう・むぎのあき)」と言います。この場合の「秋」は季節を表しているのではなく、稲の収穫の秋にならったもので、“収穫のとき”を意味しています。麦の収穫の時期はおおよそ5月下旬から6月初旬。日本では昔からお米の裏作として麦を育てる二毛作が行われてきました。稲の収穫後すぐ麦の種を蒔き育てる。麦を刈ったらすぐに田植え。農家にとってこの時期は慌しくもありますが、麦の収穫の喜びにも満たされる、活気ある時期なのですね。

 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop