ことば

普段耳にしている「ことば」でも、なぜそう言われるようになったのか、知らないことって意外とたくさんあります。日本語はとっても奥深い!日本人として、美しいことば、興味深いことば、ぜひ知っておきたいですね。

水無月

みなづき

kotobawosukuu_53

「水無月」とは旧暦の6月を指します。その由来は諸説あり、一説には6月が田んぼに水を入れる月であることから「水無月」となったと言われています。「田んぼに水が入っているのに「無」が付くってどういうこと!?」と思ったあなた! 実は「無」は名詞と名詞を結ぶ助詞の「連体助詞」であり、現在でいう「の」にあたります。つまり「水の月」。水で満たされた田んぼが並ぶ情景、まさに日本の美しい原風景といえますね。

 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop