季節・まち

1人でも友達とでも、カップルでもファミリーでも。“トリップ”といっても気合いを入れて出かける旅ではなく、気ままにふらっと足をのばせるような――。そんな季節を楽しむおでかけリストです。

北海道から九州まで全9戦行われる全日本ラリー選手権の最終戦となる、国内最大規模のラリーイベント「新城ラリー」。愛知県新城市にある新城総合公園にて、今年は11月4日(土)・5日(日)に開催。ラリーファンはもちろん、友達やカップル、家族連れなど、幅広い世代が楽しめる企画が盛りだくさんのイベントだけに、遠方からも観客が多く訪れます。
そんな注目イベントですが、せっかく奥三河に来たのなら周辺のスポットも合わせて楽しみたい。そこで今回は、奥三河の新城市、設楽町、東栄町、豊根村のフォトジェニックスポットを紹介します。
 
 

<新城市>
鳳来寺山

 
1,300年前に利修仙人が開山したと伝わる霊山。参道には1,425段の石段があり、登っている途中に見られる推定樹齢800年の傘杉は、天に向かって傘をさしたかのように枝葉をのばす様子が壮麗です。鳳来寺本堂前の田楽堂から遠方に広がる山々を見渡すと、ハートマークが見つかるはず! ぜひカメラにおさめたい、フォトジェニックスポットです。
住所:愛知県新城市門谷字鳳来寺
 

 

 
 

桜淵公園

 
桜と淵をもつ景勝地で渓谷美を兼ね備えた珍しいスポット。桜の名所として有名ですが、秋の紅葉もキレイです。見どころポイントは花月橋の辺り。紅葉が水面にも映りこみ、橋と紅葉を一緒に撮影すると風情ある1枚が撮れますよ!
住所:愛知県新城市庭野字八名井田
 

 
 

<設楽町>
田峯城

 
田峯菅沼氏累代の本城で、奥三河の代表的な山城。その城跡に、本丸御殿、本丸大手門、搦手門が復元されています。物台からは雄大な山並みを一望。すぐ隣に川が流れ、霧が立ち昇ることも多いので、天候条件などタイミングが合えば幻想的な写真が撮影できます。
住所:愛知県北設楽郡設楽町田峯字城9
 

 
 

段戸裏谷原生林 きららの森

 
県内最大級の規模を誇るブナの原生林。森林の木漏れ日や地表の雲母が光に反射してきらきらと光ることが「きららの森」と呼ばれる所以。樹齢200年の巨木が生い茂り、多くの野鳥や湿原植物が見られる自然の宝庫。ぜひ、彩り豊かな紅葉や、秋の植物を探してみては。
住所:愛知県北設楽郡設楽町田峯字段戸1-1
 

 
 

<東栄町>
naori(なおり)

 
東栄町が日本で唯一産出しているセリサイト(別名:絹雲母)はミネラルファンデーションなどの原料にも使われ、その品質の良さは世界トップシェアといわれています。そのセリサイトを使ったミネラルファンデーションorチーク&アイシャドウ作り体験をはじめ、セリサイト発掘現場の鉱山探検もあります。鉱山では非日常のロケーションで記念撮影を。
住所:愛知県北設楽郡東栄町下田字軒山13-7
 

 
*鉱山探検&ミネラルファンデーション作り体験についての記事はこちら
 

蔦の渕

 
大千瀬川にかかる、幅約30m・落差約10mの大滝。その雄大な様子から“奥三河のナイアガラ”と名付けられています。この蔦の渕には竜神伝説があり、竜宮城へつながっているとの言い伝えも。「とうえい温泉 花まつりの湯」から遊歩道で1分ほどの場所にある展望台へ向かうと、蔦の淵全景がキレイに撮影できます。天気がいいとエメラルドグリーンに輝き、自然の美しさに魅せられます。
住所:愛知県北設楽郡東栄町下田字花田21付近
 

 
 

<豊根村>
茶臼山高原 紅葉ライトアップ

 
愛知県内で最も早く紅葉がはじまる茶臼山高原。昼間の景色はもちろん、10月7日(土)~11月5日(日)の土日祝は矢苔池周辺がライトアップされ、幻想的な光景が見物です。
住所:愛知県北設楽郡豊根村坂宇場字御所平70-185
 

 
 

佐久間ダム湖カヤック体験

 
元日本一小さな村だった富山地区で行なわれているカヤック体験。佐久間ダムや富山集落、紅葉で色づく山間を抜けて、秘境のツアーに出発。まわりは絵になる風景ばかり。どこを切り取っても素晴らしい写真が撮れること間違いナシです。
住所:愛知県北設楽郡豊根村富山字中野甲17-6
 

 
壮大な自然に囲まれたフォトジェニックな奥三河で、カメラ片手にフォト旅を楽しんでみてください! 
 
 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop