体験

「しょく」=食、職、触。さまざまな情報を手に入れることがたやすくなった今の時代においても、生の体験、実際に自分の手で触れることを大事にしていきたい。1人でも、友人やお子さんとでも。「触れる」魅力を宝物に。

“みんなで一緒の料理を楽しむ”ということが難しい現代。
食物アレルギーの子どもの割合が増加し、保育園や学校給食の現場においてもアレルギー対応食を離れた席で食べるケースもあります。
 
そんな中、食物アレルギー対応のフルコースを学生たちが調理・サービスし、食物アレルギーがあってもなくても“みんなで一緒の料理が楽しめる”ランチパーティーを企画しているのが、愛知文教女子短期大学
2003年から毎年開催する「みんないっしょのクリスマス」を原点に、保育士と給食担当者(栄養士など)の職種間の連携について教育・研究を進め、「食物アレルギーの子どもを守る」大学として文部科学省の「私立大学研究ブランディング事業」にも選定されています。
 
今年15周年となる「みんないっしょのクリスマス」は12月9日に開催。子どもやその家族たちの、キラキラとした笑顔があふれていました!
 

朝からパーティーメニューの仕込みをする学生たち。
生活文化学科食物栄養専攻・生活文化専攻の2年生を中心に、幼児教育学科の手遊びサークルもこのイベントに携わっています。
 

クリスマス気分を盛り上げる華やかなエプロンに、とびきりの笑顔でお出迎え。
 

かわいいお客さんが次から次へとやってきました。
学生による読み聞かせや、折り紙を楽しんだら、パーティー会場へ。いよいよ「みんないっしょのクリスマス」の始まりです。
 
本日のパーティーメニュー
*TOFUサラダ
*マッシュルームのファルシ
*ほうれん草ポタージュ
*白身魚のフリッター
*豚肉のロール煮込み
*キャロットライス
*クリスマスレモンケーキ
*さつまいもプリン
*ミネラルウォーター・ルイボスティー・コーヒー
 

見た目にも華やかな料理の数々に、歓声があがります。
 

とくに子どもたちが喜んでいたのが食べ放題の「サラダバー」。どれでも好きなものを選んで食べられる――、当たり前のようでいて、食物アレルギーのある子どもにとっては貴重な機会。料理だけでなく、“喜びの経験”も考慮されたプログラムです。
 

参加した家族(ママ)に話を聞くと、
「今日は私と夫、息子(8歳)、娘(4歳)の4人で参加。息子が6ヶ月の頃にヨーグルトを食べさせたらアレルギー反応がでました。当時は食物アレルギーについて世の中であまり認知されていなく、『そんなに大変なの?』と、まわりの人の理解がなかなか得られず辛い思いをしたことも。息子も大きくなり、自分で食べたいものを買うことがあり、自分でパッケージの裏面を見て原材料表示をチェックしています。『みんないっしょのクリスマス』は以前にも参加しましたが、初回は感動しました! 材料を気にせず食べられる。子どもたちもとても喜んで、ほぼ完食。今日のメニューで1番のお気に入りは、兄弟ともにレモンケーキでした!」
 

参加した家族から、“みんなで一緒の料理が楽しめる”ことへの喜びの声が毎年あがるクリスマスパーティー。このような場が広がり、食物アレルギーへの理解が深まる世の中になっていくといいですね!
 
なお、愛知文教女子短期大学では、食に限らず、子どもに関わる幅広い取り組みを地域と連携して行っています。2018年1月13日(土)には、親子でさまざまな体験ができるイベントも開催予定です。
 
(文 広瀬良子)
 
 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop