話題のこと・モノ


 
飛騨古川で200年以上続く伝統行事「三寺まいり」。毎年1月15日の夜、浄土真宗の宗祖・親鸞聖人のご恩を偲び、町内にある3つの寺、円光寺・真宗寺・本光寺を巡拝します。昔、野麦峠を越えて信州へ糸引きの出稼ぎに行った娘たちが、着飾って瀬戸川の川べりを歩いて巡拝し、男女の出会いが生まれたことから「縁結び」の行事として広く知られるように。16:00からは良縁成就の願いを込めてろうそくを灯す「千本ろうそく」や2メートルにも及ぶ巨大な「雪像ろうそく」が灯され、彩られた町を着物姿の参拝者が行き交い、現実から離れたかの様な風景が広がります。当日は着物のレンタルサービスも行っているので、和装姿で飛騨の冬の風物詩を楽しんでみませんか。
 
 

祈祷灯籠流し。願い事を書いて、瀬戸川へ流します。

 

雪でできた巨大なろうそくは高さ約2メートル!お寺をつなぐ参道におよそ20基が並びます。

 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop