クローズアップ

キャッチコピー好きなHIROBA編集部員が、毎月お題についてのキャッチコピーを考えていきます。2月のお題はお花見に行きたくなるキャッチコピー。
日本がピンクで染まる桜の季節、楽しみですね!

 

<今月のキャッチコピー大賞>

 

 

桜が見たい、と嘘ついた。

 

桜が見たいわけじゃない。あなたとおでかけしたい、その一言がいえなくて。でもほんとは本心に気づいてほしい。桜の下でなら、気づいてくれるかな。
 

コピー:広瀬良子
デザイン:堀舞子

 
 

<そのほかのキャッチコピーはこちら>

 

桜の開花宣言は、宴の開幕宣言でもある。

 

綺麗な桜は、外でお酒を飲む口実でもある。
花見というだけで、居酒屋より集まりがいいものです。

 
 

春の花火は、一週間。

 

パッと咲いてすぐに散ってしまう桜を花火に例えました。
短い期間にしか咲かないと気づかされると、見に行きたくなるのではないでしょうか。

 
 

冬眠する美的センスよ、目を覚ませ。

 

冬は雪や枯木など色彩に乏しく、ファッションも機能性重視、そして頭もどんより鈍りがち。
だからこそ、春を迎えたら美しい桜のシャワーを浴びて、眠っている美の感覚を覚醒させましょう!

 
 

3月のお題は「エイプリルフールが楽しくなるキャッチコピー」を予定しています。
HIROBA公式ツイッター(https://twitter.com/hiroba_magazine?lang=ja)でも不定期でキャッチコピーをつぶやいていくので、皆さんお気に入りのコピーに「いいね!」してみてくださいね。

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop