季節・まち

1人でも友達とでも、カップルでもファミリーでも。“トリップ”といっても気合いを入れて出かける旅ではなく、気ままにふらっと足をのばせるような――。そんな季節を楽しむおでかけリストです。

夏の厚さを感じると食べたくなる “かき氷”。ここ数年のブームで、趣向を凝らしたかき氷が増え、中には炎天のもとで行列ができる店がある程人気に! 天然氷や自家製ソースだけでなく、フレッシュな果実感、和洋コラボ、インパクトのあるトッピングなど、愛知・岐阜・三重のかき氷を厳選して紹介します。ぜひ、いろんなかき氷を食べ比べしてみてください!
 
 

ふわふわエスプーマと旬の果物を贅沢にトッピング

吾妻茶寮(名古屋市中区)

 

 

創業100年を誇る、老舗和菓子店が経営する和カフェ「吾妻茶寮」。何といっても1番のおすすめは「極みるく」(1,020円)です。口に入れれば、泡のようにふわふわとしたソースのエスプーマと、柔らかい口どけのかき氷が絶妙にマッチ!氷の上にしたたる濃厚なミルクの風味が豊かな一品です。ミルクの上にはキウイやマンゴー、イチゴといった新鮮な果物がたっぷりとトッピング。果物とともに柔らかなエスプーマを味わってみて。

 

 
 

台湾発!濃厚できめ細かいフレーバーアイスブロックがクセになるかき氷

ICE MONSTER(名古屋市中区)

 

 

世界のベストスイーツTOP10にも選ばれた台湾発の人気かき氷専門店「ICE MONSTER(アイスモンスター)」。人気の秘密は、フルーツやコーヒーなどの味を再現した氷「フレーバーアイスブロック」。絹のように細やかで口にするとふわっと溶ける新食感です。夏季限定で発売するテイクアウトメニュー「マンゴーかき氷」(880円)は、濃厚なマンゴー風味のアイスブロックを削り、マンゴーシャーベットとパンナコッタ、マンゴーの果実にマンゴーシロップをからめた台湾でも人気の商品。そのほか甘酸っぱい「イチゴかき氷」(830円)も登場します!テイクアウト限定の小ぶりでかわいらしいデザインにも注目です。

 

 

 
 

農家直送の新鮮なドライフルーツやナッツがアクセントに!

金山とまと(名古屋市中区)

 

 

ドライフルーツやナッツの専門店「金山とまと」では、農家から買い付けた新鮮なドライフルーツやナッツを使用したかき氷が1年を通して食べられます。2019年新作の「アーモンド エスプーマのかき氷」(1,200円)は、珍しいアーモンドを使用した濃厚でふわふわのエスプーマがたっぷりとかけられ、トッピングの焦がしキャラメルソースやミルク氷との相性も抜群!そのほか、クリーミーであっさりとした味わいがたまらない「プチプチとうもろこし氷」(900円)も。新鮮な食材を使ったヘルシーなかき氷をこの機会にぜひ。

 

 

 
 

老舗銘菓による、和と洋を兼ね備えた贅沢メニュー

緋毬(名古屋市中区)

 

 

名古屋土産で有名な「大須ういろ」が運営する「緋毬(ひまり)」。通年楽しめるかき氷メニューのほかに、四季折々の旬な素材を使用した季節限定メニューも用意されています。夏季限定で人気の「かき氷 ティラミス(870円)」は、氷の上にコーヒーの蜜と、マスカルポーネのチーズムースをトッピング。口に運べば、コーヒーの芳醇な香りが口いっぱいに広がります。氷を崩しながら食べ進めると、中にはコーヒーゼリーが!遊び心あふれた仕掛けにも注目です。

 

 
 

丸ごと果実がたっぷり!見た目にも華やかなかき氷

Amelie Cafe(アメリカフェ) 名古屋栄本店(名古屋市中区)

 

 

名古屋を中心に9店舗を展開する「Amelie Cafe(アメリカフェ)」が夏季限定でかき氷のメニューをスタート。中でも1日10食限定メニューでパイナップルを丸ごと1つ使用して作られる「豪快!丸ごとパイン氷」(1,580円)はインパクト抜群!見た目はもちろん、贅沢に添えられた果肉と氷のコンビネーションは絶品です。その他にもイチゴやマンゴーをたっぷり使ったかき氷や、抹茶やフォンダンショコラなどスイーツをイメージしたかき氷が全6種類。どの味も見逃せません!

 

 
 

人気パティシエが手掛ける、ケーキのようなかき氷

シェ・シバタ 名古屋(名古屋市千種区)

 

 

国内はもちろん海外でも多くの支持を集める、名古屋の人気洋菓子店「シェ・シバタ」では、夏限定で特別なかき氷を展開中。中でも、パティシエならではの感性で、かき氷をケーキに見立ててデコレーションした「シャルロット フリュイ ルージュ」(1,950円)が人気!4種の果実から作られる特製ソースがたっぷりかかり、こだわりの焼き菓子と、香り豊かなタヒチ産のバニラを使用した自家製アイスクリームで飾り付けた贅沢な一品です。そのほかにも、趣向を凝らしたかき氷の数々に注目です。

 

 
 

美と健康を意識したアボカドづくしのミルク氷

カフェサブヒロ(名古屋市名東区)

 

 

名東区の住宅街にひっそりと佇むコーヒー&スウィーツ専門店の「カフェサブヒロ」。有機・無添加・手作りにこだわったヘルシー志向なかき氷が味わえます。中でもオリジナルメニューの「アボカドミルク氷」(1,500円)はアボカドをフルーツのように食べられる新感覚スイーツ。氷の上に滴るアボカドクリームと、アボカドスライスがクリーミー。きめの細かい純氷を使っているため、勢いよく氷をほおばっても頭がキーンとなりにくいのもうれしい!かき氷は1年を通して楽しめます。

 

 
 

専門店による“和ティラミス”かき氷

英圓 HANABUSAEN(岐阜県岐阜市)

 

 

2018年2月にオープンした和ティラミス専門店。イタリア生まれのティラミスに、国産食材や地元の特産品を生かした「和ティラミス」が人気。夏限定で登場するのが、和ティラミスとかき氷が融合した「ティラミス氷」(抹茶/850円)や「旬の果実の氷」(1,050円)。和ティラミスのクリーミーな甘さと、氷のひんやりとした食感が絶妙にマッチします。
 

 
 

地元名物を使った、新感覚のしゃきぷる食感!

餅惣(岐阜県大垣市)

 

 

大垣市で150年以上の歴史を誇る老舗和菓子屋「餅惣」で、4月上旬~9月上旬のみ販売される「水まん氷」(630円)。やわらかな氷を食べ進めると、大垣の銘菓「水まんじゅう」がお目見え。白蜜のみというシンプルさが、氷と水まんじゅうのおいしさを引き立てます。器は大垣の名産品である木枡を使用し、清涼感と風情が満点。また、コーヒー味の寒天と練乳がひんやり楽しめる「オオガキ珈琲かき氷」(600円)も販売スタート。「黒蜜きなこ」も近々登場します。

 

 
 

和の甘味と一緒に味わう、わた雪のようなふわふわ氷

恵那川上屋 本社恵那峡店 里の菓茶房(岐阜県恵那市)

 

 

岐阜県恵那地方の良質な恵那栗を使用した栗きんとんなどの和菓子を製造販売する「恵那川上屋」。本社恵那峡店には喫茶コーナー「里の菓茶房」があり、夏季限定で販売される「特選わた雪氷 栗抹茶」(850円)が人気。名前のとおり、まるでわた雪のようなふわふわ食感のかき氷の上に栗蜜、抹茶蜜、栗ソフト、夏栗きんとん栗観世、さくさくとした食感の黒糖おこしがのった贅沢なかき氷です。

 

 
 

中にはとろけるお餅! 老舗和菓子屋による天然氷のかき氷

御福餅本家(三重県伊勢市)

 

 

創業280余年、夫婦岩のある二見興玉神社の近くにある和菓子屋「御福餅本家」。年間通して味わうことのできる「御福氷」は、希少な天然氷を薄く削ったふわふわ食感!「御福氷 とろけるお餅と黒蜜きなこ」(950円)は、丹波黒大豆の香り豊かなきなこがかかった氷の上にフロマージュがのり、中にはとろけるお餅が入っている人気メニュー。そのほか抹茶を贅沢に使用した「御福餅 濃厚抹茶」(950円)もあります。

 

 
 

果実をふんだんに使ったフルーティーな味わい

513 ICE LAB ~こいさん かき氷研究所~(三重県松阪市)

 

 

松阪市に夏限定でオープンする「513 ICE LAB ~こいさん かき氷研究所~」。今年は、6月29日(土)からスタートします。注目のかき氷は「甘夏ヨーグルト氷」(900円)。三重県産甘夏を使用した自家製甘夏ソースと、ヨーグルトエスプーマがマッチした爽やかなか味わい。そのほか凍らせた三重県産いちご「かおり野」がトッピングされた「いちごミルク氷」(900円)をはじめ、13種類のかき氷が揃います。

 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop