【伏見地下街でビール×島グルメはしご】

 
地下鉄伏見駅より直結の伏見地下街の参加店舗で2月28日(木)まで開催中の「NAGOYAであいちの離島気分♪キャンペーン」に行ってきました。
細い通路に居酒屋や麺屋などがずらりと並び、昔ながらの飲み屋街な雰囲気。一杯飲んだら隣の店へ…な感じで、気軽にはしご酒ができるのがいいですね!
あいちの離島、佐久島、日間賀島、篠島の食材を使ったグルメが楽しめる参加店舗8店は、店先にキャンペーンの旗がかかっているのが目印です。
 
まず足を運んだのは「和酒立呑 明後日」。
おつまみ付きの生ビールセットに加えて、佐久島サツマイモのポテトサラダとスープをオーダー。やさしい甘さのスープが疲れた体に染みわたります~
 

 
篠島の漁師の家庭料理、じゅうじゅうみそ。鯛バージョンをオーダー。まろやかな豆味噌がおいしいです。
 

 
「酒津屋」へ移動。佐久島のいもチップスと、日間賀島のたこの磯辺フリッターを注文。ここでは“せんべろセット”もオーダー。なんと、1,000円でドリンク(アルコール含む)+おつまみ3品+名物エビカツが付いてくるという、お得さに驚き!
 


 
〆は、「立ちすし 長者町横丁」のカウンターで日本酒と握りを注文。クロダイの昆布じめ握り。つるっとした食感に、ほんのり甘みが感じられておいしいです。
 

 
今日は3店はしごで終了。皆さんもぜひ、伏見地下街ではしご酒を楽しんでください♪
 
(2月21日 編集長・広瀬良子)