スタッフ紹介

発行人/広瀬達也

名古屋生まれ、名古屋育ち。地域PRに関わり遠方への出張が多く、改めて東海エリアの魅力に気づかされている。好きなものは「読書」と「酒場」。大人になって茶道を始めるなど伝統や文化も大好きなジャンル。最近は「子育てダイエット」なる新ダイエット法を考案中。

編集長/広瀬良子

地元出版社で雑誌やフリーペーパーの編集に携わった後、広瀬企画へ。地元に愛着を持ち、東海エリアの魅力を探し続けていますが、まだまだ新たな発見に驚くこと多々。プライベートは男子2児の母。仕事での根性はある方ですが、子育てにおいては根を上げてばかり(笑)。

アートディレクター/永田裕二

岐阜県出身。名古屋の専門学校を卒業後、グラフィックデザイナーとして広告業界へ。酸いも甘いも経験し早10数年。健康が気になりはじめた今日このごろ。趣味は、サイクリング、ライブを観ること(主にパンクやロック)、外で飲むビール。

統括ディレクター/野村晴美

マーケティングに基づいた企画立案から、全体の進行管理までを担当。最近ではお客様の新規事業立ち上げに関わるなどし、PRやコミュニケーションデザインを日々研鑽中。UNDERBERG、LAPHROAIGなどクセのあるお酒とお香が好き。だけど人物にクセはなし。

あさの

芸術大学卒業後、印刷会社のデザイナーとして働くうちにコンセプト立案やコピーの重要性を実感。一念発起してコピーライター講座で学び、ライター職に。好奇心の赴くままに、生き物や自然の不思議、おもしろい人などをいつも探しています。「見た目より行動派だね」は耳たこ。

市川亜希子

神奈川の海辺で生まれ育ち、海と旅が好き。大学卒業後、図書館司書をしながら、ヨットで日本各地を旅したり、海外をバックパックで放浪したり。20代後半にライターに転身し、その後名古屋へ。現在は産休・育休中のため、自宅にて執筆活動に励んでいます。

齊藤美幸

名古屋在住。写真業界・デザイン業界を経て、ライターに。カメラ片手に、興味の範囲は話題のスポットからディープスポットまで。サブカルチャーとともに育ち、「古き良き可愛いもの」を愛するレトロ好き。食べ物の趣味は辛党。いつか世界中の美味しいモノを食べ尽くしたい。

竹内成美

ふだんは家が大好きなインドア派ライター。かと思えば、バックパックを背負って世界一周旅行に出かけるアウトドア派(?)の一面も。国内外問わず旅行は好きですが、食の好みは純日本。お米と梅干しがあれば幸せで、初夏の梅干しづくりは年に1度の楽しみ。

谷口蒼介

岐阜県出身。東京の出版社で編集を約4年経験したのち広瀬企画へ。体を動かすことが趣味で、特に12年続けたサッカーはプレーするのも観るのも大好きです。一番印象に残っているシーンは、2000年のオールスターで見せた森島寛晃選手のダイレクトボレー。

塚本千晃

緑色のセルフレーム眼鏡をかけた雑草魂(古っ!)のコピーライター。念願の広告業界に就職が決まったときに買った緑色のペリカーノジュニア(万年筆)を愛用。双子の妹であり、影響を受けたキャッチコピーは「No.2だからヤンチャできる。」(2000年KDDI)。

西村友行

食品メーカーにて商品企画・開発に携わったのち、コピーライターの道へ。物産展巡りが趣味で、甘いもの好き。特にソフトクリームには目がなく、専用メーカーで糖分や牛乳、生クリーム量を好みで調整し、手作りすることも。モットーは「今日の積み重ねが未来をつくる」。

掘舞子

岐阜の山奥でのびのび育ち、大学進学と同時に名古屋へお引越し。グラフィックデザイナーとして6年ほど実務経験を積むが、依然として勉強しなければならないことは多いと感じる日々。大学時代からずっと通い詰めている本屋併設の喫茶店で、珈琲を飲むのが心の癒し。

松本翔子

前職のウェディングプランナーで培ったコミュニケーション力を活かし、コピーライターに。1児の母でもあり、仕事と育児の両立に日々奮闘中。1日の終わりに甘いカフェオレを飲みながらリラックスするのが大好きな時間です。

 
 

SPECIAL THANKS!

ウェブサイト構築/三好誠さん

WEB製作会社、デザイン事務所を経て2004年に独立、2006年に有限会社Geneを設立。企業サイトデザインを多数手がけています。趣味はヘッドホン収集とマンガ、自作PCいじり。HIROBAのウェブサイト構築全般を担当。

フォトグラファー/西澤智子さん

名古屋を拠点とし、雑誌を中心にカメラマンとして活躍。2005年の初渡越以来、ベトナムに惚れ込み通い続ける。2008年より4年間移住。ベトナム撮影の傍ら「ベトナム道具市」イベントを各地で開催。無類のかわいい雑貨好き。HIROBAでは「トーカイ・プロダクト・ストーリー」「しょく育」を撮影。
nishiyanphoto.com