まち・スポット

新しくオープンしたスポットや、話題になっている場所など。HIROBAで制作したLINEスタンプでおなじみ、キャラクター「HIROBAくん」と一緒に潜入し、魅力を伝えていきます。

全国36ヶ所で温泉宿や温泉テーマパークを運営する「大江戸温泉物語」による、新たな温泉リゾート施設「TAOYA志摩」が三重県鳥羽市にオープン。全客室からは雄大な海が一望でき、大浴場に浸かれば目の前の海が無限に広がるような開放感を味わえます!ゆったりとくつろげる「TAOYA志摩」で羽を休めてみませんか?
 

“ゆったりと、たおやかに”過ごせる場所

 

TAOYA志摩は客室や大浴場だけでなく、ロビーやラウンジ、レストラン会場から壮大な海が眺められます。TAOYAとは、たおやかにという意味。せわしない日常を忘れて、のんびりと過ごせるようにという想いが込められ、そのはからいが館内や敷地内に散りばめられています。
 

ロビーでは、トランクをモチーフにしたおしゃれな引き出しを発見!中には浴衣が入っています。引き出しを開けることで旅の始まりをイメージしているんだそう。
 

HIROBAくん:「さまざまなデザインから選べるんだって!どれにしようかな~迷っちゃう!」
 

全客室からはオーシャンビューが!

 

TAOYA志摩はどの客室からも広大な海の絶景が眺められるのが魅力。友達同士やカップル、家族で泊まれるスタンダードルームや、デラックスルームのほか、複数の家族や大人数のグループで楽しめるコンセプトルームなど、全123室が用意されています。
 

ブルーを基調とした爽やかなインテリアのスタンダードルーム。
 

HIROBAくん:「静かで心地よい場所だね。鳥のさえずりも聞こえてきたよ!」
 

8人まで宿泊できる「だんらん」は、TAOYA志摩で唯一の和室。ポップなクッションが彩りを添えていておしゃれ!広々とした畳でゴロンとくつろぎながら、思い出話に花が咲きそうです。
 

“みんなで語り合える部屋”をテーマにした「KATARAI」。コーナーから広がるように配置された、TAOYAオリジナルの2段ベッドが特徴。波のうねりをイメージしたデザインは支配人こだわりなんだとか。
 

海と一体になっているかのような大浴場

 

客室の絶景もさることながら、大浴場からの眺望も見逃せません!湯に浸かれば湯面が海とひと続きになって見えるような「インフィニティ風呂」。露天風呂では海のさざなみの音も聞こえてきます。
 

夜はきらめく星空を堪能

 

温泉のあとは外の風を浴びながら自然を眺められる「星空テラス」へ。夕日に染まるビーチや満天の星空を堪能しながら足湯で温まるのは至福のひととき。
 

HIROBAくん:「夜はライトアップされてロマンチックな雰囲気に!」
 

湯上がりには生ビールやソフトドリンク、アイスキャンディーなどの無料サービスもありますよ!
 

三重県の特産物をふんだんに使ったグルメバイキング

 

三重県で採れた豊富な海の幸を使った和食、洋食、中華などの食事が並ぶグルメバイキングも見逃せない魅力のひとつ。窓越しに広がる景色を眺めながらおいしいグルメに舌鼓を!
 

ずらっと並んだこちらは朝食メニュー。地元で水揚げされた尾鷲ぶりなどの海鮮丼が楽しめます。海老やシラス、イカなど豊富な種類から好みの具材を選んで盛り付け。伊勢志摩名物あおさを使った「あおさしょうゆ」をかけていただけます。
 

HIROBAくん:「ライブキッチンでシェフが直接提供してくれる料理もあるんだって!」
 

敷地内のあちこちで芸術を鑑賞することも

 

敷地内には草間彌生さんの代表作である「南瓜」が展示されています。ホテル内で草間彌生さんの作品が楽しめるのはTAOYA志摩だけ!海と空、緑などの自然と作品が丸ごと壮大なアートのようです。
 

そのほかギャラリースペース「STARDUST GALLERY」にもアート作品が展示されています。
 

 
志摩が生んだ大自然や地産グルメ、アートをたっぷりと堪能できる「TAOYA志摩」。非日常の優雅なひとときを楽しんでみてはいかがでしょう。
 
(文:壁谷雪乃)
 
 
 

 
 
 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop