季節・まち

1人でも友達とでも、カップルでもファミリーでも。“トリップ”といっても気合いを入れて出かける旅ではなく、気ままにふらっと足をのばせるような――。そんな季節を楽しむおでかけリストです。

冬の夜を光が彩る、イルミネーションの季節。東海エリアにもイルミネーションの名所がたくさんありますが、今年はどこに行こうか計画は立てましたか?
HIROBAでは、遊園地やテーマパーク、お城など、休日のおでかけにおすすめのイルミネーションスポットを紹介。それぞれのスポットで、今年初登場の仕掛けや期間限定のイベントなど見どころがいっぱい。2019~2020年の気になる最新情報をお届けします!

 
 

 
 

<愛知県>

 

レトロな明治建築とLEDなどの最新技術との融合!

●博物館明治村(愛知県犬山市)

11/2(土)~1/13(月・祝)の土日祝、1/2(木)・3(金)も開催
※1/1(水・祝)を除く

 

明治建築が幻想的な光に包まれる、「明治村」のイルミネーション。明治村を代表するスポット「帝国ホテル 中央玄関」では、旧帝国ホテルの設計者であるフランク・ロイド・ライトの生涯を、イルミネーションとミュージカルを絡めたエンターテインメントショーとして上演。「聖ザビエル天主堂」や「本郷喜之床・小泉八雲避暑の家」のショーも必見です。

 

↑「聖ザビエル天主堂」では、「雅~光と映像の彩り~」と題したプロジェクションマッピングのショーを開催。

 

 
 
 

光輝く新フォトスポットで写真映えを狙おう!

●ラグーナテンボス ラグナシア(愛知県蒲郡市)

11/2(土)~3/31(火)

 

今年も見逃せない冬ラグーナ。イルミネーションで彩られたアトラクションやクリスマスツリーの前など10種類のフォトスポットが楽しめます。他にも、6大イルミネーションが楽しめ、新登場の「Frozen Ocean」(フローズン・オーシャン)は、青くきらめく海上に浮かぶ美しいゲート、その先に広がる白銀の世界が神秘的。そのほか、3Dマッピング「NEIGE」(ネージュ)を含む3大マッピングショーや花火ショーなどが、色とりどりに園内を灯します。

 

↑「NEIGE」は日本初の360°で繰り広げられる3Dマッピング。氷の世界や可愛らしいお菓子の家が表現されます。

 

 
 
 

イベント目白押しの光の祭典!

●138タワーパーク(愛知県一宮市)

11/16(土)~12/25(水)・1/1(水・祝)~5日(日)

 

今年のイルミネーションのテーマは「THE BEAUTIFUL EARTH~未来をつくる、SDGs~」。国連で定められたSDGsが叶える「未来の地球の美しさ」を園内全体のイルミネーションで表現します。11月16日(土)の点灯式には、人気キャラクターのハローキティも登場!11月23日(土・祝)と12月7日(土)には花火ショーが催され、イルミネーションに華を添えます。

 

↑クラウドファンディングで打ち上げを募集したSDGsオリジナル花火も夜空を彩ります。

 

 
 
 

気軽に立ち寄れるイルミネーションスポット

●刈谷ハイウェイオアシス(愛知県刈谷市)

11/16(土)~1/13(月)

 

高速道路からも一般道路からも利用でき、入場無料でお出かけ帰りにふらっと立ち寄るのにおすすめの「刈谷ハイウェイオアシス」。今年のイルミネーションは、光のトンネルや立体感のあるオベリスク(モニュメント)が通路を彩ります。昨年に続き、人気の撮影スポット「ラブベンチ」も登場。点灯初日の11月16日(土)には、地元団体による点灯式も開催予定です。

 

↑約21万もの電球が刈谷ハイウェイオアシスをきらめかせます。

 

 
 
 

イルミネーション&ライトアップ、見どころいっぱいの光の世界

●安城産業文化公園デンパーク(愛知県安城市)

11/23(土・祝)~1/27(月)

 

デンパークの冬の風物詩「ウィンターフェスティバル」が今年も始まります。「水のステージ」では、高さ7mの大型LEDツリーと周りのボールが音楽に合わせて光り輝くイルミネーションショーが繰り広げられます。期間中の土日祝日などには、迫力の花火ショーも開催。その他にも工作体験やパン教室、冬グルメなどの楽しみがいっぱいです!

 

↑花木園エリアには高さ8mのシンボルツリーが新登場。光の装飾に囲まれ、幻想的で厳かな雰囲気に。

 

 
 
 

家康生誕の地に約20万球の光が灯る

●岡崎公園(愛知県岡崎市)

11/23(土・祝)~1/13(月・祝)

 

徳川家康生誕の地として知られる岡崎城を中心とした「岡崎公園」。約20万球のLED電球が光り輝き、イルミネーションと岡崎城のライトアップのコラボが楽しめます。期間中の土日祝は、みやげ店も20時まで延長営業。また、延長営業にあわせてキッチンカーも出店します。

 

↑12月初旬頃まで紅葉も見頃なので、ゆっくり散策してみては。

 

 
 
 

<岐阜県>

 

美しい光のガーデンに包まれた空間

●木曽三川公園センター(岐阜県海津市)

11/23(土・祝)~12/31(火)

 

木曽三川公園センターでは11月23日(土)の点灯式を皮切りに、クリスマスや年越しカウントダウンなど、イルミネーションと一緒に楽しめるイベントが盛りだくさん。今年のイルミネーションは「フラワー♡ファンタジー」がテーマ。カラフルな光で表現した花畑のような光のガーデンを中心に、花や妖精にちなんだ装飾などファンシーな空間を演出。60万球以上の電球が公園一面を彩り、見る人を魅了します。

 

↑雪吊りのようなツリーの並木が、幻想的な世界をつくり上げます。

 

 
 
 

キャンドルの灯が演出するロマンチックな夜

●河川環境楽園(岐阜県各務原市)

11/30(土)~12/25(水)
※土日、12/23(月)~12/25(水)

 

オアシスパーク内のガラスドームで、約1,500個のキャンドルが点灯されます。なかには、地元の幼稚園児が制作したキャンドルも。また、今年完成したばかりのにじいろ噴水の周りにもキャンドルが登場。温かなキャンドルの光によるロマンチックな空間が楽しめます。

 

 
 
 

夜を彩る光輝く散歩道

●学びの森(岐阜県各務原市)

12月上旬~2月上旬

 

各務原市の風物詩!学びの森にある約200mのイチョウ並木に真っ白に輝くイルミネーションが点灯し、まるで雪の並木道のような幻想的な世界に。今年は、隣接する園内カフェ「KAKAMIGAHARA STAND」の周りもイルミネーションで彩られ、夜カフェとともに楽しめます。また期間中には、学びの森から線路を挟んだ向かい側にある市民公園の噴水も期間中にライトアップします。

 

 
 
 

<三重県>

 

国内最大級の光のイルミネーション

●なばなの里(三重県桑名市)

10/19(土)~5/6(水・祝)

 

国内最大級にきらめく壮大なイルミネーションを魅せる「なばなの里」。LED電球でつくられる光のトンネル「華回廊」や「光の大河」のほか、ミレニアムガーデンでは樹齢1,000年のオリーブ大樹など園内7つのスポットが色鮮やかに演出されます。
中でも毎年テーマが異なるメイン会場に注目!今年のテーマとなる「さくら」では、壮大に咲き乱れる千本桜や、移ろいゆく四季折々の里山の景色などを目の前で楽しめます。

 

↑ミレニアムガーデン「光の海」。立体的にLEDを飾ることで地中海の波のうねりなどを表現しているのだとか。

 

↑約640億色の演出が可能な最新LEDを使用した「水上イルミネーション」。木曽三川の美しい川の流れをイメージ。

 

 
 
 

高さ7mのビッグツリーでロマンチックに

●志摩スペイン村(三重県志摩市)

11/9(土)~12/25(水)

 

 

スペインをモチーフにした「志摩スペイン村 パルケエスパーニャ」では、日が沈むころ、パーク内のあちこちでイルミネーションが輝きます。冬休み期間には情熱的な映像とリズムで盛り上がる迫力のプロジェクションマッピングを上演。さらに、クリスマスシーズンには、7mの巨大なツリーがエスパーニャ通りに出現!ツリーだけでなく、かわいらしいクリスマス衣裳をまとったキャラクターが訪れる人を出迎えてくれます。

 

↑夕暮れどきの異国情緒あふれたシベレス広場。ライトアップされた噴水や王宮をモチーフにした建物がロマンsチック!

 

 
 
 

きらめく庭園で夜の散歩を楽しもう!

●鈴鹿サーキット ガーデンイルミネーション(三重県志摩市)

通年開催

 

鈴鹿サーキットでは、緑あふれる庭園「ホテルガーデンエリア」にて、約15万級のLED電球がライトアップ!幻想的な空間へと変化した庭園で、夜の散歩を楽しめます。さらに、冬限定で鈴鹿8耐名物光のチェッカーを体験できるイルミネーションも登場!色とりどりに輝くイルミネーションを堪能してみて。

 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop