クローズアップ

梅雨に入り、じわじわと蒸し暑くなってきましたね!
さてこれからますますビールがおいしくなる季節。家飲みする機会も多い今年は、ちょっといいお酒を自宅で楽しむのもいいよね!
…ということで、HIROBAメンバーで「プレミアムビールが飲みたくなるキャッチコピー」を考えてみました。
審査員はコピーライターの西村友行と矢野裕子です。

 
<今月のグランプリ>

 

 

「特別な日」に変える一杯。

 
なんでもない日を「特別」に変えてくれる。プレミアムビールにはそんな魔法があります。
 
コピー:國分沙緒里
デザイン:安井潮香
●プレミアムビールのプレミアム(特別)が入り、シンプルで無駄がなく、読み手が迷わない良いコピーだと思います(矢野)
 
------
 
準グランプリ

おれの自信作、並みのビールじゃもったいない

 
コピー:西村友行
●料理男子を切り口にした視点がおもしろい。「俺の自信作を、もっとうまくする相棒」でもスッキリするかもしれません(矢野)
 
------
 
準グランプリ

「明日にしよう」が、待ちきれない

 
コピー:谷口蒼介
●冷蔵庫の前で葛藤する姿が思い浮かぶようでいいですね!(西村)
 
------
 
<そのほかのキャッチコピーはこちら>

 

プレミアムか。ちょっといいことあったかな。

 
●気持ちのほくほく感が伝わってきますね! コピーにプレミアムを入れず、いい時もそうでない時も、というニュアンスを含めて「ちょっといいこと、あってもなくても。」にしても良いかなと思いました(矢野)
 
------
 

ソファーでのんびり、世界のブルワリー巡り。

 
●ロマンがあっていいですね! 「ビール」という単語を使わずとも、“世界のブルワリー”でビールだと伝わるところもいいです(矢野)
 
------
 

夫婦の会話タイムが増えたのは、
ビールのせいかもしれない。

 
●プレミアムビールらしい飲用シーンが想像できて良いです。「タイム」というワードは、プレミアムビールにしてはやや軽い印象を受けるので、いっそ「タイム」をとってしまうと良いかも(西村)
 
------
 

これからも引き続き、キャッチコピー企画を予定しています。
HIROBA公式ツイッター(https://twitter.com/hiroba_magazine?lang=ja)でも不定期でキャッチコピーをつぶやいていくので、皆さんお気に入りのコピーに「いいね!」してみてくださいね。

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop