自転車・まち

ポタ=ポタリング(自転車散策)のこと。気候のいい秋と春にお届けする、ポタの楽しみ方紹介です。ロードバイクやクロスバイクなど自転車好きな編集部・永田が街ポタを、編集部・あさの は景色に癒される観光地でのんびりポタリングを提案します。

potter_01_01
 
編集部永田です。9 月に入り穏やかな気候になりましたね。この時期にオススメしたいのが「ポタリング」です。ポタリングとは自転車で散策すること。サイクリングが自転車で走るのが目的なのに対して、ポタリングは散策が目的。今回は名古屋のレトロな街並みを求めて白壁エリアへ行ってきました。
 
 
自転車を持っていない人には、レンタサイクル(自転車レンタル)がオススメ!
 
今回はレンタサイクル(自転車レンタル)を利用してみました。自転車をレンタルさせてもらったのは「レンタ輪なごや」さん。車種は、シティサイクルから本格的なロードバイクまで取り揃えており、指定の場所まで自転車を運んで来てくれます。さらに返却時は乗り捨ても可能でとっても便利!自転車を持っていない人はもちろん、普段とは違った車種に乗ってみたい人にもオススメです。
 
potter_01_02
事前予約し、名古屋駅前で自転車を受け取ります。サービス説明を受け、料金を支払い、完了!自転車の説明も丁寧にしてくれるので、初めての車種でも安心して乗れそうです。今回は「クロスバイク」をピックアップ。クロスバイクは、ロードバイクとマウンテンバイクの中間的な存在で、気軽に乗れるスポーツタイプの車種です。イエローのフレームもグッド!
 
potter_01_03
 
 
いざ、出発!!
 
potter_01_04
自転車の乗り心地もいい感じ!はじめての人でも乗りやすそうです。
 
 
potter_01_05
名駅から桜通を東へ少し走ると、堀川付近に古風な街並みが見えてきました。ここは「四間道」。江戸時代の初め名古屋城築城とともにつくられた商人の町が今も形を残しています。小道に入るとまた味わい深い雰囲気です。細い石畳の先には、子守地蔵尊、着物屋さんがありました。他にも隠れスポットがたくさんありそうです。
 
potter_01_06
 
potter_01_07
 
potter_01_08
 
 
円頓寺のディープスポット!
 
potter_01_09
四間道の小道を走っていると、かなりディープな飲み屋街が!…看板をみると「円頓寺銀座街」。ここは円頓寺商店街の裏側でした。また夜にでも訪問したいですね(笑)
 
 
円頓寺を抜け、外堀通りへ
 
potter_01_10
この辺りは名古屋城が近く、緑が多いですね。自転車で走るのに気持ちが良いです。ウォーキングやランニングをしている人もちらほら。いよいよ白壁エリアへ。
 
 
大正の時代を感じさせる「名古屋市政資料館」
 
potter_01_11
久屋大通を抜け、白壁エリアへ。レトロでゴージャスな建物を発見。ここは「名古屋市政資料館」。大正時代に裁判所として使われていた建物で、今は名古屋市の公文書館として名古屋市の誕生から今日にいたるまでの行政文書や資料を保存・公開している施設のようです。入場は無料!
 
 
内装もゴージャス!
 
potter_01_12
中に入るとゴージャスな空間が!中央には大迫力のステンドグラスが太陽の光を受けてキラキラしています。凝った装飾がたくさんあって見応えたっぷり!ここで結婚式も行われているそうです。
 
potter_01_13
 
potter_01_14
 
potter_01_15
 
 
そして部屋もゴージャ… あれ?
 
potter_01_16
部屋の中へと入ると、何だか異様な雰囲気。あまりのゴージャスさに忘れていましたが、ここは裁判所だったんですね。こちらは当時の裁判の様子。
 
 
ここは、パリのアパート
 
potter_01_17
名古屋市政資料館は、ドラマのロケ場所としても使われているようです。こちらの窓はドラマ「官僚たちの夏」でパリのアパートの一室として撮影されたそう。その他にも「花より男子2(リターンズ)」「中学生日記」「SKE48 の撮影」など、様々な撮影で使われているようですね。
 
 
パリを感じる景色…からの独房!
 
potter_01_18
最後は地下へ。このドヨンとした雰囲気…シンプルな部屋…ここは昔、留置場だったようです。独房は1 畳ほど。
 
potter_01_19
名古屋市政資料館。見応え満点でした!
 
 

 
 
 
 
 
歴史と気品に溢れる白壁エリア ~文化のみち~
 
白壁エリアをさらに東へ。先ほどの名古屋市政資料館もそうですが、名古屋城~徳川園まで東西にまたがるエリアを「文化のみち」というようです。歴史を感じる街並みや建物がたくさん残っていますね。
 
potter_01_20
 
 
和と洋が混ざりあう「橦木館」
 
potter_01_21
こちらは「橦木館」。大正末~昭和初期の建物で、当時陶磁器商として活躍していた井元為三郎という方の邸宅だったそうです。一般公開しているので覗いてみました。
 
potter_01_22
 
potter_01_23
外から見ると洋館のようでしたが、中に入ると広い座敷があり和の雰囲気。この畳の感じ、落ち着きます。台所にはタイル作りのシンク。良い味出してますね~。
 
 
2 階はステンドグラスがレトロな洋室
 
potter_01_24
外から見た洋館のテイストはここのことでした。和と洋が混在してるところも歴史を感じますね。このステンドグラスおしゃれ!
 
 
potter_01_25
 
potter_01_26
当時を感じさせる生活用品も趣があります。
 
potter_01_27
中庭もいい雰囲気です。1 階にテラス付きの飲食スペースがあったので、庭を眺めながらゆっくり過ごすのもいいかも。
 
 

 
 
 
 
 
レトロ純喫茶で休憩タイム
 
potter_01_28
橦木館のほど近くにレトロな喫茶店「ボンボン」を発見!ちょっと一息入れます。
 
potter_01_29
入店すると昭和の雰囲気満点の純喫茶!この味のある店内。かなりの歴史を感じます。聞くと創業は昭和24 年とのこと!
 
 
ケーキが充実!
 
potter_01_30
なるほど!ボンボンさんは洋菓子のお店でもあるようです。せっかくなので飲み物と一緒にケーキも注文することに。
 
potter_01_31
お店で一番人気だというプチガトーの「マロン」をチョイス。マロンといってもモンブランとは違い、シンプルな生クリームケーキにアクセントとしてマロンが使われているようです。ふんわり折りたたまれたスポンジの中には生クリームがたっぷり!
 
potter_01_32
んーこれはおいしい!生クリームは甘すぎず上質な味わい。シンプルなだけに素材や調理へのこだわりが垣間見れる一品です。
 
potter_01_33
ケーキもおいしく、落ち着く空間でした!
純喫茶とは別に洋菓子店の入口があります。洋菓子のテイクアウトはこちらでできるようですね。
 
 

 
 
 
 
 
鍋屋町通りを抜け、国道19 号を北へ。
 
potter_01_34
 
potter_01_34-2
 
 
「名古屋陶磁器会館」に到着!
 
potter_01_35
続いて訪れたのは陶磁器の展示や販売をしている「名古屋陶磁器会館」。こちらも文化のみちの1 つです。
 
potter_01_36
 
potter_01_37
 
potter_01_38
展示されている陶磁器は、和風だったり、洋風だったり、じつにバリエーション豊かです。
 
 
お手頃な販売コーナーも!
 
potter_01_39
 
potter_01_40
箸置きは1 個200 円~と予想以上にリーズナブルですね。デザインもキレイです。
 
potter_01_41
これ、わかりますでしょうか?なんとミニチュアの陶器なんです!
いろいろな種類があって面白いですね~。他にも絵付け体験や場所貸出しイベントなども行われているみたいです。
 
 

 
 
 
 
 
名古屋陶磁器会館を後にし、千種方面へ。すると、なにやら煙突が見えてきました。
 
potter_01_42
 
哀愁ただよう銭湯を発見
 
potter_01_43
銭湯の煙突のようですね。年季の入った雰囲気ですが、まだ営業しているみたいです!ひとっ風呂浴びたいところですが、それはまたの機会にして。ここから千種を抜け覚王山の方へ足を伸ばしてみようと思います。
 
 
この続きは後編でご紹介しますね~。お楽しみに!
 
 

 
 

 
後編はこちら

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop