自転車・まち

ポタ=ポタリング(自転車散策)のこと。気候のいい秋と春にお届けする、ポタの楽しみ方紹介です。ロードバイクやクロスバイクなど自転車好きな編集部・永田が街ポタを、編集部・あさの は景色に癒される観光地でのんびりポタリングを提案します。

 
potter_07_01

編集部永田です。今回のポタ休日は知多半島の西側に位置する海と焼きものの街「常滑」へ。青空と海を望む海岸沿いや常滑の名所、やきもの散歩道を巡るポタリングを楽しんできました!
 
 

【11:00】名鉄常滑線「りんくう常滑駅」に到着

 potter_07_02

名鉄常滑線「りんくう常滑駅」は、中部国際空港(セントレア)の手前の海に近い場所にあり、名古屋から電車で40 分ほどで行くことができます。
 potter_07_03

potter_07_04
駅を出ると目の前には、大きなショッピングモール(イオンモール常滑)。線路沿いを海岸に向かって進みます。
 
 

それでは、ポタリングスタート!

 
potter_07_05

海岸沿いを北へ走ります。この日は5 月とは思えないほどの暑さ。青空とヤシの木を望むロケーションはまさに常夏気分! 海風も気持ちよく、ペダルも軽やかです。
 
potter_07_06

海の向こうにあるのはセントレア。間近で飛行機が見られます!
 
potter_07_07
potter_07_08
ビーチが見えてきました。ここは「りんくうビーチ」。せっかくなので、少しビーチにおりてみることに。
 potter_07_09
potter_07_10

開放感が最高ですね!りんくうビーチは、海水浴はもちろん、BBQ が楽しめたりイベントもあるようです。駐車場が隣接しているので、車での立ち寄りにもピッタリ。また夏に遊びに来たいですね。」
 

 
 
 
 
 

potter_07_11

ビーチを抜けると、のどかな堤防沿いへと道が続いています。松の木が日陰になりとっても涼しい。釣り人や野鳥の姿も。
 potter_07_12
potter_07_13
potter_07_14

海辺には植物が多く、サボテンなんかも見つけました。自転車は、普段気づかない発見がありますね!
 
potter_07_15
potter_07_16
potter_07_17

しばらく走ると、赤い屋根の建物が見えてきました。何の建物でしょう?
 potter_07_18
potter_07_19

どうやら飲食店のようです。ちょうどお昼時なのでこちらのお店に立ち寄ってみることに!
 
 

【12:00】海が見えるCafe&Bar「Sunset Coast」でランチタイム

 
potter_07_20

今月オープンしたばかりだという「Sunset Coast」。敷地へ入ると広々した庭に自転車スタンドがありました。手作り感がとってもGOOD ですね! 天気もいいので屋外のテラス席でランチをいただくことに。
 
potter_07_21

この日のランチは、「浅羽カレイのガーリックバター(本日のライス)」。ワンプレートには知多半島の恵みがたっぷり。ガーリックバターが香る浅羽カレイは、脂がのっていて柔らかく、箸が進みます。常滑でつくられたソーセージや地場野菜を使用したサラダなど、ボリューム満点!
 
potter_07_22
potter_07_23

一息ついて、すっかりくつろぎモード(笑)。
いいスポットを見つけました! 次は夕暮れ時にビールというのもいいのでは?
 
 

愛知ライフセービングクラブの看板が!

 
potter_07_24
potter_07_25

聞くと、ここの建物自体は、「愛知ライフセービングクラブ」のクラブハウスとのこと。こちらはライフセーバーの鈴木雄三さん。愛知ライフセービングクラブでは、愛知県内の海水浴場での監視・人命救助、ライフセーバー教室やトライアスロン大会でのコース設置などを行っているそうで、施設内には様々な機材や屋外プールもありました。
 
potter_07_26
potter_07_27

オーストラリアのライフセービングクラブのスタイルに感銘を受け、運営を始めたというこのクラブハウス。ライフセーバーを身近に感じられる貴重なスポットではないでしょうか。
 

 
 
 
 
 

さて、次は海沿いを離れ、街の方へ向かうことに。
 
potter_07_28
potter_07_29
 
 

【14:00】「常滑やきもの散歩道」を散策

 
potter_07_30

招き猫の焼きものが出迎えてくれるここは、常滑駅にほど近い「常滑やきもの散歩道」。常滑焼の工房や街並みが楽しめるようです。坂や細い道が多いようなので、ここからは自転車を降り、歩いて散策することに。
 
potter_07_31
potter_07_32

坂を登ると歴史を感じる街並みが広がります。大きなものから小さなものまで、実に様々なやきもの作品が所狭しとあり、やきものの街としての活気を感じます。
 
potter_07_33
potter_07_34
potter_07_35
potter_07_36
potter_07_37
potter_07_38

やきもの散歩道の路上にある印。これは、散策で迷わないように設置されているもののようです。
 
potter_07_39

常滑焼といえば、急須。こんな大きな急須もありました! 他にもバラエティに飛んだ焼き物が多くあり、見ているだけで楽しいです。中には、ドラゴンクエストのキャラクター焼き物なんかも! 公式ノベルティとして製造していたそうです。
 
potter_07_40
potter_07_41
potter_07_42

こちらは、国の重要有形民俗文化財に指定された「登窯」。明治時代に作られた窯のようです。歴史のあるものから、現代的なものまで常滑焼を中心に活気にあふれている「やきもの散歩道」。散策するだけで十分楽しめますが、焼き物体験なんかもしてみたいですね!
 
potter_07_43
このあたりで、一服すること。レトロな看板が特徴的な「煙突屋ガーデンカフェ」。知多半島名物の「ふところ餅」がいただけるようです。中に入ると焼き物に囲まれた庭があり、常滑の街並みを楽しみながらくつろげるスペースになっていますね。
 
potter_07_44
potter_07_45

「ふところ餅」は、いつでも食べられるよう懐に携帯して持ち歩いていたことから名付けられたようです。焼きたてのふところ餅は、とても香ばしくてもちもちとした食感。優しい甘さにホッとしますね。店内には故・杉江南峰の煙突画ギャラリーがあったり、常滑焼の販売もしています。
 

 
 
 
 
 

【15:30】名鉄常滑線「常滑駅」にて終了

 
potter_07_46
やきもの散歩道をあとにし、名鉄常滑線「常滑駅」へ。本日のポタリングはこれにて終了です。今回はショートコースになりましたが、各所でゆっくり過ごすことができてよかったと思います。常滑の海とやきもの散歩道。どちらも魅力的なスポットでした。ぜひ足を運んでみてください!
 
 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop