まち・スポット

新しくオープンしたスポットや、話題になっている場所など。HIROBAで制作したLINEスタンプでおなじみ、キャラクター「HIROBAくん」と一緒に潜入し、魅力を伝えていきます。

新しく生まれ変わった「御園座」が、ついに4月に開場!
こけら落としとなるのは、二代目 松本白鸚と十代目 松本幸四郎の襲名披露興行である「柿葺落四月大歌舞伎」。4月1日(日)に開幕します。
 

御園座は、伏見駅すぐの老舗歌舞伎劇場。2013年3月には惜しまれながらも一旦閉館しましたが、見た目も新たに建て替えが行われました。そのモダンな建築は、伏見の街角でひときわ存在感を放っています。
 
劇場の開場に先駆け、2017年12月には「食」を味わったり買ったりと楽しめる「御園小町」がオープン。おいしいグルメにも期待を膨らませ、早速遊びに行ってきました!
 

HIROBAくん:「壁の模様と色合いがかっこいい!」
 
建築家の隈研吾氏が手掛けた建築デザインは、外壁の格子柄が特徴的。「なまこ壁」という立体的なこの模様は、かつての御園座にも見られたもの。面影を残しながらも、スタイリッシュな建築です。“継承と発展”をコンセプトにしているんだそう。
 
御園座独特のカラーである、鮮やかな朱色も継承。エントランスだけでなく、エントランスに続く街路まで朱色に統一されているので、まるでレッドカーペットを歩いているような気分!御園座のにぎわいから名古屋の活性化を目指す、“活気の象徴”でもある朱色です。
 


劇場内の床や座席にも朱色が使われています。
 
HIROBAくん:「ホールに続くホワイエも朱色が印象的!」
 

建物の1階にあるのが、「御園小町」。店内で買ったものをその場で食べることができ、食材を買うこともできる、自由な「食」の空間です。
 
HIROBAくん:「どんなおいしいものが食べられるのかな?」
 

イートインスペースは約120席。広い店内は、写真に納まりきりません!
 
お店は「小さな町」に見立てられています。カフェや食事メニューが味わえる「御園茶屋」、地元銘菓やお土産が揃う「御園楽座」、焼きたてパンの販売やサラダバーなどがある「御園麦工房」。この3つの町をあえて区切らず、自由に行き来ができる開放的な空間です。
 

御園麦工房には、ロールパンにさまざまな具材を挟んだ「御園サンドロール」や、中に餡が入った「御園焼」などの名物がずらり。
 

「御園焼」は、裏表で違ったデザインになっているのが特徴。表面にはシャチホコ、裏面には店名・藤・扇が入っています。中身は、「粒あん」「白粒あん」「八丁みそあん」の3種類。
 

御園サンドロール
216円(税込)~

写真手前:あんマーガリン216円(税込)、車海老フライ518円(税込)
 
「御園サンドロール」は御園麦工房のカウンターで注文すれば、その場で具材を挟んで提供してくれるできたてを食べることもできます。選べる具材は、おやつサンド9種類、惣菜サンド9種類の計18種類!
 
HIROBAくん:「たくさんあって迷っちゃうな~♪」
 

御園パンケーキ ミックスベリー
626円(税込)

 
御園茶屋では、モーニング・ランチ・15時からのグリルメニューなど、時間帯ごとのメニューを提供しています。14時~18時のカフェタイムに店内で注文できる、「御園パンケーキ」をHIROBAくんといただきます!
 
HIROBAくん:「ベリーが沢山のっていて贅沢だね!」
 
パンケーキの正体は、プレーン味の御園焼。トッピングの味は、今回食べたミックスベリーの他に、メイプルマーガリンや八丁みそも!さらに、プレミアム生クリームソフト「クレミア」が添えられています。
 

あちこちにお土産やおいしい食材が並ぶ店内。ゆったりしたスペースがあり、どこに座ってもくつろげそう。
 

和バルをイメージしたカウンター席もあり、ソーセージやクラフトビールでちょっと一杯、なんてこともできちゃいます。「御園ビール」「金しゃち プラチナエール」「金しゃち 名古屋赤味噌ラガー」といった地元のクラフトビールの他、ワイン、日本酒なども揃います。
 

「御園楽座」のリカーコーナーには、御園座ラベルのオリジナルワインも。思い出になる自分用のお土産にするのも良いですね。
 

棚に並ぶ日本酒のいくつかにも、御園座ラベルとして包んだものがあります。
 
名古屋土産も取り揃えているので、スーツ姿のビジネスマンもよく訪れるそう。名古屋土産が沢山あるお店というと、今までは名駅か栄に行かなければならないイメージ。伏見にこういったお店ができたのはありがたいですね。
 
御園座の今後の公演では、4月の「柿葺落四月大歌舞伎」に続いて5月・6月以降もバラエティ豊かな上演が予定されています。5月の「スーパー歌舞伎II ワンピース」は国民的人気漫画 「ONE PIECE」を市川猿之助演出・主演で歌舞伎にした話題作!6月の「滝沢歌舞伎2018」では、タッキーこと滝沢秀明さんが演出・主演をつとめる人気公演がついに御園座で行われます。
 
これからの新生・御園座に注目!
 
(文:齊藤美幸)
 
 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop