話題のこと・モノ

 
愛知の建築情報誌『建築家+(プラス)』が創刊(HIROBA編集部の広瀬企画が、表紙デザインを担当しました!)。“愛知を建築でおもしろくする!”をテーマに、愛知の建築家のしごとや活動の紹介と、建築家の目を通したまちの魅力を伝えるフリーマガジン。創刊号は、名駅エリアの「大名古屋ビルヂング」「モード学園スパイラルタワーズ」を手がけた建築家が建築の見どころを事細かに教えてくれていて、読み応え抜群! 建築家の本音トークも、今まで遠い存在だと思っていた建築家の皆さんの人柄があふれていて、建築を身近な存在に感じさせてくれます。
 
『建築家+(プラス)』の創刊を記念して、大ナゴヤ大学で建築家と一緒に名古屋駅界隈を巡る授業を開講。学生以外は普段なかなか入れない「モード学園スパイラルタワーズ」内部にも、特別に入ることができるそうですよ!
 
 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop