まち・スポット

新しくオープンしたスポットや、話題になっている場所など。HIROBAで制作したLINEスタンプでおなじみ、キャラクター「HIROBAくん」と一緒に潜入し、魅力を伝えていきます。

昨年春にコアラの赤ちゃん、秋にはチンパンジーの双子の赤ちゃんが誕生した、名古屋市千種区の「東山動植物園」。その愛らしい姿を見るため、HIROBAくんと一緒に遊びに行ってきました。
 
東山動植物園内は「動物園本園・北園」「植物園」「遊園地」のエリアに分かれていて、さまざまな見どころがいっぱい。今回は動物園を巡ります!
 

ズーボが迎える正門から動物園本園へ

 

「HIROBAくん、大きなインドサイがいるよ!」
 

2メートル以上ある大きな体!鎧をまとったようなその姿は別名ヨロイサイとも呼ばれています。

 

HIROBAくん:「見てみて!ゾウの像だよ~!(笑)」
「HIROBAくん…(ダジャレかな?)記念写真を撮ろうか♪」
 

ここは、ゾウの歴史や生態を学べる、世界最大級のアジアゾウ舎「ゾージアム」です。池では「アジアゾウ」の親子が仲良く遊んでいます。

 

やんちゃな子ゾウが鼻先で親ゾウを池に沈めて遊んでいます。親ゾウは鼻先で水を出してふてくされた様子。仲睦まじくたわむれるゾウたちの様子は見ていて飽きません。
HIROBAくん:「ゾウって水の中を泳げるんだね~」
 

眠そうな目元が印象的なこちらはソマリノロバ。家畜ロバの先祖種と考えられていて、野生での数が非常に少ない絶滅危惧種。日本ではここ、東山動植物園のみで飼育されているそうです。
 

「HIROBAくん、小腹が空いたから何か食べようか」
2016年にオープンしたレストラン「ZOOASIS East(ゾアシス イースト)」に入ります。
 

HIROBAくん:「わー!コアラだ♪」
 

「ラーメン 梦麺88(ムーメンパパ)」で、販売している東山名物 コアラまん(コアラくん・コアラちゃん) 各350円(2個セット600円)。※夏季を除く
 

グレーのコアラくんは肉まん、ピンクのコアラちゃんはカスタードまん。耳の部分までしっかりとあんが詰まっています。セットで購入すると100円お得になるのも嬉しい。
おいしいコアラまんを食べて元気になり、再び園内に出発です。
 
 

食肉小獣舎の動物たち

 

モフモフの豊かな毛並みとシュールな表情が魅力!世界最古のネコと言われる、マヌルネコ
 

2匹でケンカのようにじゃれ合うラーテルは、なんと、「the most fearless animal(世界一怖い物知らずの動物)」としてギネスブックに登録されています。日本国内でラーテルを見られるのは、東山動物園だけ。獰猛さに反して鳴き声はかわいらしいです。
HIROBAくん:「じゃれあいも迫力あるね!」
 

優雅な雰囲気を漂わせるユキヒョウもいます。
 

コアラ舎の赤ちゃんコアラ!

 

コアラ舎に入ると、ユーカリの木にコアラを発見!
 

2017年4月に誕生したメスの赤ちゃん「こまち」。東山動植物園は、名古屋市とオーストラリア・シドニー市の姉妹都市提携をきっかけにタロンガ動物園よりコアラを寄贈されて、現在は8頭飼育されています。メスの赤ちゃんコアラが生まれたのは約14年ぶり。こまちはお母さんコアラ・ホリーの後ろにぴったりくっついています。
HIROBAくん:「ふわふわで小さくて、かわいい〜!」
 

コアラ舎の壁に描かれているデザイン。実は『Dr.スランプ』『ドラゴンボール』などの作品で知られる愛知県出身の漫画家・鳥山明先生がデザインしたものなんです!
 

アミメキリンはお食事タイム。背の高さに合わせた食事カゴの草をムシャムシャ。
 

南米で最も希少といわれるインコ、アオキコンゴウインコ。この鳥を見ることができるのは、日本では東山動植物園だけです。
 

サルの仲間やメダカのいる動物園北園へ

 

世界中の多種多様なメダカを眺められる「世界のメダカ館」。水中を優雅に泳ぐメダカや水生昆虫を見ていると時間を忘れられます。
 
HIROBAくん:「おなかすいたからランチにしよ~!」
「じゃあ、近くにあるカフェ ノースガーデンに行こうか!」
 

注文したのは、コアラの顔がフォトジェニックな東山動植物園の名物カレーライス、コアラカレー750円。耳のチキンナゲットは揚げたてサクサクで香ばしい!ルーにはジャガイモやにんじんがごろごろ入っています。
HIROBAくん:「外のテラス席で食べると気持ちいいね!」
 

チンパンジーの双子の赤ちゃん!

 

チンパンジーコーナーにやってきました。
 

HIROBAくん:「双子の赤ちゃんだ~!」
お母さんチンパンジー・カズミが、2016年10月に生んだ双子姉妹の赤ちゃん「カラン」と「コエ」を抱いています。チンパンジータワーでリラックスする様子がほほえましいです。
 

類人猿舎の屋内通路には、本日の食事内容が展示されています。野菜や果物にも、それぞれに好みがあるんですね。
 

「あーーーー!!」という独特の叫び声で一躍有名になったフクロテナガザル。今日は日向ぼっこをしながらオレンジをかじり、のんびりご機嫌な様子。
 

「HIROBAくん、ちょっと休憩しようか」
HIROBAくん:「じゃあアイスが食べたいな!」
 

ZOOASIS West(ゾアシス ウエスト)」でコアラアイス450円をゲット!ミルクチョコレート味のアイスにアーモンドチョコレートの鼻、チョコがけクッキーの耳がかわいいです。ミルキーとビターのバランスがちょうどよく、疲れた体をひんやりと癒してくれました。

 

広い敷地内でたくさんのイキイキとした動物たちを見ることができる東山動植物園。ここならではの楽しくなるようなフードやスイーツもいっぱい楽しめました!
今回紹介した以外にも、こども動物園でのふれあいや、植物園の多種多様な植物など、楽しみは盛りだくさん。一日遊べる都会のオアシスにぜひ遊びに行ってみてください!

 
 
 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop