体験

「しょく」=食、職、触。さまざまな情報を手に入れることがたやすくなった今の時代においても、生の体験、実際に自分の手で触れることを大事にしていきたい。1人でも、友人やお子さんとでも。「触れる」魅力を宝物に。

天然藍染めの糸を織ってバリエーション豊富な縞模様を生み出す「松阪もめん」。遡ること江戸時代。現在の三重県松阪市の辺りで木綿の栽培が盛んだったこともあり、染めを行う職人も多かったことから「松阪もめん」が生まれ、江戸庶民のファッションとして大流行するほどに! 今では「松阪木綿の紡職習俗」は、国の無形民俗文化財にも選定されています。
爽やかな藍色が夏にピッタリの「松阪もめん」の魅力を体感しに、三重県松阪市へ。
 

JR・近鉄松阪駅から商店街を抜けて、歩くこと約10分。かつて木綿問屋が軒を連ね、城下町の中心地だった本町に「松阪もめん手織りセンター」があります。
ここでは松阪もめんの反物をはじめ、衣類やバッグ、雑貨、アクセサリーなど、松阪もめんを使った商品がずらり。その奥に、昔ながらの機織り機があり、手織りの体験ができます。
体験は、15×20cmほどの敷物を制作する「プチ織姫体験」と40cm×1mほどの反物を制作する「1日織姫体験」の2種類。今日は、初心者向けの「プチ織姫体験」にトライ!
 

320本もの経糸(縦糸)に、杼(ひ)に巻かれた緯糸(横糸)を通したら、筬(おさ)でキュッと押さえつけます。
 

足元にある踏木(ふみき)を左右それぞれの足で1回ずつ踏んで経糸の上下を交代させたら、再び杼を通します。
 

これを何度も繰り返して、生地を作っていきます。
手と足を交互に使う作業。うっかりすると順番を間違えそうになるので、ひたすら集中。慣れてくると次第にリズミカルになり、トン、トンと軽やかな音が心地よく響きます。
 

初心者の私は、ここまでくるのに集中して30分ほど!
松阪もめんの縞模様はこのようにして生まれているんだな~と、体験しながら感慨深い気持ちに。また、近くで見るほどに、模様の美しさに魅了されます。
 

敷物が完成!
この縞模様以外にも、経糸と緯糸の組み合わせで縞柄のバリエーションはとっても豊富。近くの機織り機を見てみると、経糸の配色だけでもさまざま。
 

さらに奥では、経糸を準備している様子も見られました!
 

「松阪もめん手織りセンター」では、(江戸の)安政期・江戸末期・明治時代の松阪もめんの縞帳も展示。とっても貴重な資料です。
 

色も模様もさまざま。昔の人も自分好みに模様をチョイスして、オシャレを楽しんでいたんですね! 糸は藍のほかにも草木など、すべて天然の素材で染められているんだそう。

体験では織りやすい太糸を使いましたが、細糸を使った暖簾や扇子、ストールなどの商品も店頭に展示されていました。
 

細糸を使うと、透けるような風合いが素敵!
経糸と緯糸の組み合わせだけでなく、糸の太さによっても表情がさまざまに変わりますね。松阪もめんの魅力、とっても奥深いです。

体験後は近くを散策することに。「松阪もめん手織りセンター」の近くには松坂城跡があり、この辺りはかつて城下町として栄えていたようです。
 

松阪屈指の豪商であった長谷川治郎兵衛家の本宅「旧長谷川邸」。国の重要文化財にも指定されている建物で、土・日曜、祝日は建物内や庭園も見学できます。松の形ひとつとっても美しい!
 

高い石垣がそびえる「松坂城跡」を少し過ぎた辺りに、石畳の風情ある小路を発見。
 

石畳の両側には美しく整えられた槇垣と武家屋敷が並ぶ「御城番屋敷」。松坂城を警護する武士とその家族が住んでいたそうで、現在も佇まいがそのまま残り、屋敷内を公開している1軒を除き、子孫の方が住まわれているようです。歩いていると、タイムスリップしたかのような不思議な気持ちに!
城下町には、そのほかにも飲食店や、街歩き用に松阪もめんの着物がレンタルできるスポットも。松阪もめんの魅力に触れつつ、松阪の街もぶらり歩いてみてくださいね!
 
(文:広瀬良子)
 
 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop