話題のこと・モノ

 
 
父親の育児参加が当たり前になりつつある今、子どもと接する一方で「どうあそべばいいかわからない」「自然の中で野あそびさせたいけれど、どこでどうすればいいか…」という戸惑いを抱える人も多いのでは。
 
郡上の自然や人に魅せられ、“第2のふるさと”として、いつでも帰ってこられるような場づくりを行うanother home Gujoと、子どもに野あそびを教えて20年以上の経験を持つ由留木正之(ゆるきまさゆき)さんがタッグを組んで開催する「父と子の野あそび学校」。1泊2日のプログラムで、父親自身が子どもと本気であそぶことの楽しさを経験しながら学ぶことができます。
 
第1回目は“まずは自分が全力であそぶこと”をモットーに、父親だけが参加。第2回目には親子で参加し、一緒になって本気であそびます。
普段自然に触れる機会の少ない方も、自然好きな方も。この機会に、野あそびの魅力を体感してみてはいかがでしょう。
 
 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop