まち・スポット

新しくオープンしたスポットや、話題になっている場所など。HIROBAで制作したLINEスタンプでおなじみ、キャラクター「HIROBAくん」と一緒に潜入し、魅力を伝えていきます。

世代を超えて愛されるスナック菓子『ベビースターラーメン』のテーマパーク「おやつタウン」が三重県津市にオープン。ベビースターラーメンのキャラクター「ホシオくん」が点在するポップな雰囲気の空間では、オリジナルのベビースターラーメンを作ったり、本格的なアスレチックを楽しんだりとワクワクがいっぱい!子どもも大人も楽しめる「おやつタウン」で、一足先にHIROBAくんと遊んできました。
 
 

インパクト大のベビースターのオブジェ!

 


 
「おやつタウン」を案内してくれたのは、モデルや女優として活躍するアンバサダー・蜂谷晏海(はちやあみ)さん。三重県紀北町出身の蜂谷さんは、おやつカンパニーの工場見学をはじめ、子どもの頃からベビースターラーメンが大好きで、アンバサダーに応募したそうです。
施設に入ると最初にあるのが、子どもに人気の顔出しパネル。ホシオくんと蜂谷さんと一緒に、HIROBAくんも並んでパシャリ。
 

 
中へ進んでいくと、待ち受けるのが万華鏡の空間。ホシオくんや自分の姿が360度ぐるりと映し出されます。おやつタウンにはこのようなフォトスポットもたくさんあるのが、魅力のひとつ!
HIROBAくん:「万華鏡の中に入れるなんて楽しいね!」
 

 

 
万華鏡の空間を抜けると、アスレチックエリアに。東京オリンピックの種目になっている、野球やバスケットボール、サッカー、卓球、ゴルフ、スポーツクライミングが体験できるゾーンもあります。
 

 
大きなホシオくんの滑り台は、右手が階段からのぼり、両足から滑り下ります。高さ9mあり、意外にもスリルたっぷり!スライダー内にも楽しめる工夫が…!現地でのお楽しみです。
 

 
HIROBAくん:「左手に座って写真が撮れるみたい」
 

「おやつタウン」の時計の数字はすべて『3』。ここにいる間はずっと3時のおやつタイム気分です。
 

 

スリル満点のアクティビティも!

 
「おやつタウン」の室内アスレチックは国内最大級の規模。身長122cm以上の人が体験できるジップラインやアスレチックはスリル満点です。
HIROBAくん:「大人でも怖そう!」
 

 
アスレチックのほかに、身体を動かして楽しむスポーツゾーンも。蜂谷さんがチャレンジしたのは卓球でスコアを競うゲームです。
HIROBAくん:「フリースローやパターゴルフなど、子ども楽しめるスポーツゲームがいっぱいだね」
 

 

待望のオリジナルベビースターラーメン作り!

 
「おやつタウン」のならではの醍醐味がベビースターラーメンのアレンジ体験。「ホシオキッチン」では、3種類の体験ができます。
 

 
「Myスペシャルベビースター」(800円)では、実際の開発と同じように自分好みの味付けのベビースターラーメンを作れます。魔法のオーブンに入れて、出来たてほやほやのベビースターラーメンが味わえるのも楽しみのひとつ。
「作ろう!チョコクランチ」(700円)は、ベビースターラーメンでチョコクランチ作り。形やデザインもアレンジできます。
 

 
「フリフリ♪ベビースター」(500円)は、マラカスのような容器にベビースターラーメンと味付けの粉を入れてシェイク!楽しくフリフリするとおいしさも倍増するかも!?
 

ベビースターラーメンが料理にも!

 
「ベビースターダイニング」では、ベビースターラーメン誕生のきっかけとなったラーメンをはじめ、カレーライス、ピザなどが味わえます。人気なのが、ベビースターラーメンが入ったコロッケ。数量限定なので、早めに注文するのがおすすめです。
今回は、『ピザ』(1,080円)をオーダー。ベビースターラーメンをはじめ、ナルトやネギが入っていて、ラーメンのような見た目。濃厚なチーズとベビースターのカリッとした食感がたまりません。
 

 
「ソフトクリーム」(500円)の中にも、ベビースターラーメンが!ベビースターラーメンの塩気とアイスクリームの甘さがマッチング。トッピングのソースやパウダーが自分好みに選べるのも、人気の理由です。
 

 
夏休みがはじまり、ますます注目が高まりそうな「おやつタウン」。子どもはもちろん、大人も童心に帰った気分で楽しめるおやつの世界を、めいっぱい満喫してみて。
 
(文:谷口蒼介)
 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop