まち・スポット

新しくオープンしたスポットや、話題になっている場所など。HIROBAで制作したLINEスタンプでおなじみ、キャラクター「HIROBAくん」と一緒に潜入し、魅力を伝えていきます。


 
もうすぐバレンタイン!年に一度のビッグイベントだからこそ、本命チョコも義理チョコも、「センスがいいものをあげたい!でも何をプレゼントしたらいいの?」と迷ってしまいますよね。そんな人におすすめしたいのが、最近注目を集めている「ビーントゥバーチョコレート」です。
 
 

ビーントゥバーチョコレートとは

 

ビーントゥバーチョコレートとは、カカオ豆のセレクトからチョコレートバーになるまでのすべての工程を一貫して行うこと。 ここ最近、クラフトビールやサードウェーブコーヒーなどと同じように、原料本来の楽しめるムーブメントとしてビーントゥバーチョコレートが流行しています。
 
今回は、名古屋でビーントゥバーチョコレートが楽しめる、名古屋市中川区のチョコレートカフェ「クオレ」にHIROBAくんとでかけてきました。
 
 

名古屋でビーントゥバーといえばここ!

 
あおなみ線荒子駅から徒歩5分ほどの場所にあるチョコレートカフェ「クオレ」。
 

 

クオレは名古屋で初めてビーントゥバーチョコレートを販売した見せとしても有名。店内にはビーントゥバーの板チョコ、生チョコをはじめ、テイクアウトできるチョコレートスイーツがずらり。イートインスペースもあり、カフェとしても営業しています。
 

 
2013年アメリカを中心に広まりつつあったビーントゥバーに出会い、今まで食べてきたチョコレートとあまりに違う鮮烈でフルーティーな酸味や、香り豊かで濃厚な味わいに衝撃を受けたことから、2014年、自社のビーントゥバー商品を完成させたというクオレ。現在は約12種類のカカオ豆を仕入れ、カカオ豆70%、砂糖30%の割合で、カカオの個性を最大限に引き出しながらも、「おいしく」食べられる商品へと仕上げているそうです。
 

↑オレンジのような酸味のチョコレートから、ハーブのようなスパイシーな味わいのもの、ナッツのような重厚感を感じるものなど、味わいはさまざま!
 

↑産地の違うカカオ豆を使ったビーントゥバーが食べ比べできる「クオレビーントゥーバーテイスティングツアー」は人気商品の一つ。10枚入り(5産地)¥1,500、20枚入り(10産地)¥3,000
 

↑濃厚なカカオがとろける「ビーントゥバー生チョコテイスティングツアー」9個入り(3産地)¥1,200も販売。

 

↑クオレでビーントゥバーチョコレートの製造販売を担当している小島龍一さん。「どんな農園で採れたカカオ豆なんだろう、その国はどんな気候なんだろう」など産地に思いを馳せながら楽しむのがおすすめだと教えてくれました。
 
 
ビーントゥバーのほかにも、クオレではバレンタインにぴったりなスイーツが楽しめます。
 

冬季限定商品「サヴォワ」はちょっとした手土産にも喜ばれそう。ナッツの風味が濃厚なサクサク食感のクッキーに世界トップクラスのクーベルチュールチョコレートをコーティングした至福の味わいです。
 

イートインスペースでは、パフェなどのチョコレートスイーツをはじめ、カカオソースを使ったパスタなどのランチが楽しめます。季節に合わせて月ごとにメニューが変わるクオレのパフェは、見た目も味も大満足の1品。
 

ショーウィンドーに並んでいる手作りスイーツは、カフェでもテイクアウトでも楽しめます。オープン以来、人気No.1の「チョコラータ」。ムースとスポンジが合わさったふわふわ生地。食べた瞬間から口の中に濃厚なチョコレートの甘味が広がります。
 
 
そのほか、ジェイアール名古屋タカシマヤで開催中の日本最大級のショコラの祭典「開店20周年記念 2020 アムール・デュ・ショコラ 〜ショコラ大好き!〜」、名古屋栄三越で開催中の「パリ発、チョコレートの祭典~ サロン・デュ・ショコラ 2020」でもビーントゥバーチョコレートが購入できます。
 

ジェイアール名古屋タカシマヤ
「開店20周年記念 2020 アムール・デュ・ショコラ 〜ショコラ大好き!〜」

 
約150ブランド、2,500種類以上のチョコレートが大集結。7階のサテライト会場にはビーントゥバーの特設コーナーも登場し、個性豊かなビーントゥバーが購入できます。
 
■サンホセ「ダークミルクチョコレート」¥594
 

 
高品質なカカオ豆を使用したダークミルクチョコレート。サンホセ独特の方法で発酵された味わいは、程よい甘さの中にフルーティーさも感じさせてくれます。カカオの苦みが苦手な人でもおいしく食べられるミルクチョコレートです。
 

■オーロチョコレート「64% ダークチョコレート カカオニブ入り」¥489
 

 
フィリピン・ダパオのカカオ農園から仕入れた高品質なカカオ豆を使用。オーロチョコレートのビーントゥバーは「アカデミーオブチョコレート」で銅賞に輝いた実績も。レーズンとグリーンティーの香りを感じるダークチョコレートです。
 
■ダンデライオン・チョコレート「ハシエンダ・アズール,コスタリカ85%」¥1,296
 

 
特定の地域や農園で収穫した「シングルオリジン」のカカオ豆を使ってビーントゥバーの製造を行う、世界でも数少ない店のひとつ。「ハシエンダ・アズール」は、風味がコーヒー、サワークリーム、グレープフルーツと変化するユニークな味わい。
 
そのほか、初めてカカオ100%のチョコレートを商品化したドモリー「クリオロ100%」や、濃厚なカカオとシナモン・はちみつのような風味が味わえる、マルゥ「ティエンジャン70%」などのビーントゥバーチョコレートが販売されます。
 

名古屋栄三越「パリ発、チョコレートの祭典~ サロン・デュ・ショコラ 2020」

今年のテーマは「すべては『出会い』だ。」。ショコラ1粒1粒に詰まった素材や作り手の思いと巡り合わせてくれそう!「ベルナシオン」「ボナ」「ピエール マルコリーニ」の3店舗でビーントゥバーチョコレートが販売されます。
 
■ベルナシオン「タブレット マンディアン レ プラス」¥3,348
 

 
フランス・リヨンに店舗を構えるベルナシオン。ビーントゥバーにいち早く取り組んだチョコレートの老舗ブランドとしてショコラ界でも特別な存在感を放ち、毎年イベントでは長蛇の列に!人気はナッツやアーモンドにオレンジピールやドライチェリーなどを加えた華やかなタブレット。
 
■ボナ「バナーヌ」¥2,160
 

 

130年以上の歴史を持つ世界最古の家族系チョコレート工房・ボナ。「バナーヌ」は、名古屋のサロン・デュ・ショコラ限定商品。カカオ65%のビターチョコレートにバナナのフリーズドライを練り込んだタブレットは、濃厚なカカオとフルーティーな味わい。ここでしか手に入らない、貴重なビーントゥバーです。

 
■ピエール マルコリーニ「バレンタインセレクション リミテッドエディション(三越伊勢丹限定)」9個入り ¥3,672
 

 

「Bean to Home」を大切にする、ベルギー王国も御用達のショコラティエ・ピエールマルコリーニ。カカオ豆にこだわった素材選びや、五感を刺激する作品作りにこだわり抜いたチョコレートが今年もサロン・デュ・ショコラに登場。新作の「グラデーション クール」3種類などを詰め合わせた、バレンタイン限定のアソートメントも。
 
 
いつもお世話になっている上司への義理チョコや、本命チョコ、自分へのご褒美にも!話題のビーントゥバーチョコレートをプレゼントしてみては?

 
 
(文:岩井美穂)
 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop