クローズアップ

コロナウイルスもまだまだ流行っているし、風邪やインフルエンザもまだ対策したい時期。ウイルス対策には、やはり “手洗い、うがい” が大事!ということで、今回は大人もこどもも、前向きに手洗い、うがいに向かえるようなキャッチコピーを、HIROBAスタッフで考えてみました。
 
<今月のキャッチコピー大賞>

 

 

「ただいま」したら、すぐ「さようなら」。

 

帰宅後の行動がカギを握る、自分や家族のすこやかな暮らし。手洗い、うがいがとくに面倒なことでないと再認識してもらえればなによりです。

 

コピー:西村友行
デザイン:安井潮香
 
 

<そのほかのキャッチコピーはこちら>

 

ちょっといっプク。

 

手洗いといえば、泡プクプクのハンドソープ。仕事や勉強の休憩=「一服」といえば、コーヒーを飲んだり、たばこを吸ったり? でも今は、同じ「プク」でも、泡プクプク、ハンドソープの「いっプク」しませんか。デスクワークの気分転換にもなります。

 
------
 

せめて、握手くらいはしたいから

 

3月は別れの季節でもあります。最後に伝えたい思いがあるし、手も繋ぎたいけれど…。勇気が出なかったら握手くらいはしたいから手はきれいに洗っておこうか。

 
------
 

見えない敵は、見えないうちに。

 

目には見えない菌やウイルスも、病気となれば症状として現れます。目に見える症状に変わる前に、手洗い・うがいでやっつけましょう。

 
------
 

手洗い、うがい、思いやり。

 

こんな時だからこそ、お互いを思いやる心を忘れずにいたいです。

 
------
 

こまめにウイルス卒業式

 

卒業式シーズンの3月は、いろんな思いが込み上げてくるもの。しかし、無数のウイルスたちには情け容赦無用でお別れを告げましょう。

 
------
 

これからも引き続き、キャッチコピー企画を予定しています。
HIROBA公式ツイッター(https://twitter.com/hiroba_magazine?lang=ja)でも不定期でキャッチコピーをつぶやいていくので、皆さんお気に入りのコピーに「いいね!」してみてくださいね。

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop