季節・まち

休日気ままにふらっと足をのばせるような、東海エリアの季節の1DAYトリップ。

ひんやり冷たい“かき氷”が食べたくなる季節が到来!毎年「HIROBA!」で人気の特集ですが、今年は紹介スポットを一新。話題の無水調理鍋を使ったかき氷をはじめ、数種類のシロップを好みでかけて味の変化が楽しめるかき氷、人気のコーヒー系、旬のフルーツをふんだんに使ったかき氷まで盛りだくさん!お気に入りを見つけて、この時期だけのおいしさを味わいにでかけてみて。
 
贅沢な味わいを堪能!愛知・岐阜・三重のおすすめ【かき氷2020】記事はこちら
 

バーミキュラの器で素材本来のおいしさを!
●VERMICULAR PREMIUM SHAVED ICE SALON 氷鍋屋(名古屋市中川区)

 

 
素材の持つ水分を活用して調理する「無水調理」に最適な鍋として開発された「バーミキュラ」。その世界観が楽しめるブランド体験型複合施設「バーミキュラ ビレッジ」では、夏季限定「VERMICULAR PREMIUM SHAVED ICE SALON 氷鍋屋」がオープン!氷がとけにくい保冷性抜群のバーミキュラ鍋の器で、最後までふわふわのかき氷が楽しめます。
 
メニューは、苺・ピスタチオ・練乳(1,300円)、西尾抹茶・小豆・黒糖わらび餅・ほうじ茶(1,500円)、マンゴー・パッションフルーツ・ココナッツ(1,300円)の3種類。それぞれバーミキュラで無水調理されたソースやトッピングがふんだんにかかったかき氷は、素材本来の旨味を生かした特別な味です。
 

 

広々としたラウンジで3種のご褒美かき氷を
●ストリングスホテル八事 NAGOYA(名古屋市昭和区)

 

 
名古屋市昭和区にある「ストリングスホテル八事 NAGOYA」。吹き抜けの高い天井や居心地の良いソファ席など、寛ぎのひとときが過ごせるオールデイ・ラウンジ「ストリングス ラウンジ」で楽しめるのは、期間限定の「3種のご褒美かき氷」。
 
まるで京都の庭園のような「箱庭 抹茶氷」、ふわふわトロトロの“いちごのエスプーマソース”がたっぷりかかった「いちごエスプーマ氷」、濃厚な甘さのフランス栗とさっぱりとした甘さの国産黄栗をふんだんに使用した「モンブラン氷」の3種類。それぞれにトッピングが小皿で3種添えられており、好みに合わせて味の変化を楽しめます。
 

 

旬の果実や定番などが一年中味わえる!
●BoisVertTerre(名古屋市瑞穂区)

 

 
名古屋市博物館の近くにある雑貨&カフェ「BoisVertTerre(ボアヴェールテール)」では、季節の果物を使ったかき氷や「ピスタチオみるく」(990円)、「ブルーベリーヨーグルト」(880円)など定番メニューのかき氷が一年中味わえます。
 
メニューは常時8種類ほど。7月からは「生桃ヨーグルト」(1,100円)が提供スタート。生の果実そのものの甘さを堪能できるよう、ヨーグルトシロップの甘さは控えめに。果実の甘さとヨーグルトの酸味が絶妙にマッチした味わいが、一口ごとに夏の暑さを忘れさせてくれます!「生クリームエスプーマ」(100円)や「きなこ」(100円)など、トッピングもバリエーション豊富。自分好みの味を探すのも乙な楽しみ方です。
 

 

中にプリンも入った、甘くビターなかき氷
●Cafe de Lyon Bleu(名古屋市中村区)

 

 
フランスのセーヌ川沿いにあるカフェをイメージした「Cafe de Lyon Bleu(カフェドリオンブルー)」では、八角形の枡を使った風情あるかき氷が夏限定で楽しめます。
 
1日10食限定の「焦がしカラメルプリン氷」(1,480円)は、フランスの最高峰・モンブランを思わせるボリューム満点のかき氷に白い練乳と焦がしカラメルをあふれるほどにかけた逸品。食べ進めていくと、かき氷の中からプリンが顔を出すという遊び心も心にくい演出です!練乳の甘さとほんのりビターなカラメルのハーモニーを求めて、ぜひ“登頂”してみてくださいね。
 

 

沖縄黒糖シロップ×わらび餅が絶品!
●雀おどり總本店(名古屋市中区)

 

 
栄にある和菓子屋「雀おどり總本店」は、創業以来七代160年間続く老舗。店内には甘味処を併設しており、かき氷やあんみつ、わらび餅などを提供しています。なかでもおすすめなのは、「大島金時ミルククリームわらび氷」(1,100円)。
 
濃厚な沖縄黒糖の自家製シロップがたっぷりかかり、練乳・わらび餅・アイスクリームとともにいただきます。雀おどり自慢のわらび餅は、ひんやりもちもちで絶品!舌の上でとろけるような食感に、うっとりしてしまうこと間違いなし。白玉、わらび餅、かんてん、練乳、粒餡、アイスクリームなどが+100円でトッピングできるので、贅沢に“追いわらび餅”してみるのもいいかも。
 

 

桃を丸ごと1つ使用!みずみずしい味わい
●AMATO よこ田(名古屋市名東区)

 

 
2019年にオープンした「AMATO よこ田」。岐阜市にあるかき氷の名店「赤鰐」の師匠である、横田さんがつくるかき氷が食べられるお店として話題になっています。
 
横田さんのイチオシメニューは、高糖度の桃を丸ごと1個使った夏限定の「生桃スペシャル」(1,300円)。ふわっと軽い氷の上には溢れんばかりの生桃が乗り、てっぺんには甘さ控えめの生クリームがトッピングされています。ほかにも「キャラメルプリン」(1000円)や「マンゴースペシャル」(1,300円)など、根強いファンを持つ個性的なかき氷がたくさん!バラエティ豊かなメニューの中から、お気に入りの一皿を見つけてみては。
 

 

上質な抹茶を使用した、お茶屋さんのかき氷
●日本茶喫茶 茶縁(名古屋市東区)

 

 
創業90余年の「みどりや茶舗」が、“おいしいお茶をより多くの方々に知ってほしい”という想いでオープンした「日本茶喫茶 茶縁(ちゃえん)」。上質な抹茶や、抹茶を使用した手作りスイーツを提供しています。
 
人気No.1は、挽きたての抹茶をふんだんに使った「茶縁氷」(1,080円)。柔らかい氷の上にはあんこ、白玉、バニラアイス、抹茶生クリームが乗っており、上にかかった抹茶みつのほろ苦さも加わって、抹茶好きにはたまらない美味しさです。そのほかにも、「ほうじ茶氷」(980円)や「黒蜜きなこ」(980円)など、和の味わいを楽しめるかき氷が充実しています。
 

 

コーヒー好きにはたまらない!大人なかき氷
●Suria(名古屋市瑞穂区)

 

 
名古屋市瑞穂区にある「suria」は、落ち着いた雰囲気の店内でゆっくりと時間をかけて抽出する水出しのアイスコーヒーが味わえる喫茶店。こだわりメニューのかき氷には、三重県青山高原から湧き出る天然水「三重美里」を48時間かけてじっくりと凍らせた上質な氷が使用されています。
 
ベースシロップを選び、ソースやパウダーを自由にトッピングできる「大人のかき氷」では、自家製のコーヒーシロップや、無糖練乳のカフェオレをベースにしたコーヒー系が人気。ホイップクリームとチョコソースをトッピングすればカフェモカ味に、アルコールを追加すれば大人仕様にも!好みに合わせてオリジナルかき氷が作れるのが魅力です。
 

 
 

味の変化が楽しい、5色のシロップのかき氷
●青柳総本家(名古屋市中村区/港区)

 

 
名古屋名物「青柳ういろう」でおなじみの青柳総本家。 KITTE名古屋店と、ららぽーと名古屋みなとアクルスにある喫茶Willowsでは「5色の青柳かき氷」(1,100円)が9月末まで限定販売されます。5色の自家製シロップに加え、もっちりとしてなめらかな舌触りの和三盆のういろう、香り豊かな温かいほうじ茶が付いてくる贅沢なセットです。
 
口溶けのよいふわふわなかき氷にかける5色のシロップは、和三盆ミルク、黒糖シロップ、抹茶シロップ、小豆シロップ、さくらシロップ。ぞれぞれの味や混ざり合った味を楽しむことができます。しろ、くろ、抹茶、上がり、さくらと、青柳のCMソングに合わせた色合いで、懐かしさを感じさせてくれる味わいです。
 

 

ほんのりラムが香る、大人味の焼き氷!
●Laugh&栄店(名古屋市中区)

 

 
中区栄にあるバル「Laugh&(ラフアンド)」が、2020年7月にスパイスカレーとかき氷の専門店としてリニューアル。「いちごのショートケーキ氷」(1,100円)や「レモンクリームチーズケーキ氷」(1,100円)など、デザートのようなかき氷がラインナップするなか、ユニークなのが「焼き氷」(1,200円)。
 
かき氷をふわふわのメレンゲで包んで、バーナーで焼き目をつけ、仕上げにフランベしたホワイトラムをかけた一品です。かき氷の中には自家製ティラミスとバニラアイスが入っていて、ボリューム満点!口に入れた瞬間ほんのりとラムが香る、大人のかき氷を味わってみて。
 

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
pagetop