イベント名古屋


 
バレンタインの風物詩と言っても過言ではない日本最大級のショコラの祭典「2021 アムール・デュ・ショコラ ~ショコラ大好き!~」が今年もジェイアール名古屋タカシマヤにて開催。世界中から選りすぐりの約150ブランドが大集結!
 
昨年の売り上げランキングトップ3に入ったブランドの2021年のおすすめショコラ、今年のポイントなどを一挙ご紹介しちゃいます。

今年はここが違う!
入場制限で安心してショッピング

 
10階メイン会場が入場制限で次のようなショッピングスタイルに。午前中の入場はローソンチケットで「日時指定入場券(無料)」 を事前予約の上、発券が必要です。この日時指定入場券には 「メインエリア入場券」「オードリー専用入場券」「パティシエ エスコヤマ専用入場券」の3種があります。
 
午後からは3・9階ローズパティオで発券できる「当日入場整理券」で入場できます。こちらで発券できるのは「メインエリア入場券」「オードリー専用入場券」の2種類。午後の混雑緩和時は、「当日入場整理券」なしでも入場できるそうなので、詳しくは公式HPをチェック!公式HPでは「現在呼び出し中」が確認できるのも便利!入場人数を制限しながら、快適に買い物ができるように配慮されています。
 

限定商品はオンラインで予約!

 
例年早朝5時前から行列となっていた数量限定販売の「整理券配布商品」がオンラインでの「事前購入制」に変更されました。商品のお渡しは3階ローズパティオへ。また、オンライン販売の強化も。前回に比べ、約4倍、約200種類がオンラインで購入できるように! 店舗に行かなくても人気商品が手に入るのは嬉しいですね♪
※オンラインサイトはアクセス集中により繋がりにくく、商品の完売が続いている状況です。完売商品は段階的に補充がされるとのこと。オンラインサイトでの購入は2月3日(水)まで。こちらも公式HPよりご確認ください。
 

【昨年1位】乙女心くすぐる!
映えスイーツ多数の「オードリー」

 
2015年に初登場し、2020年の売り上げランキングで堂々の1位に輝いた「オードリー」。注目はジェイアール名古屋タカシマヤ限定商品です。
 
「名古屋限定ハローベリー詰め合わせ」6個入り1,361円(税込)をはじめ、イチゴのかたちをかたどったチョコレートやイチゴが中に入った“萌え断”チョコレートなど、SNS映えするスイーツも。限定のトートバックとマグカップは、イラストのお花があしらわれており、上品さがステキ!乙女心くすぐる商品が満載です!
※入場には「オードリー専用入場券」が必要です。詳しくは公式HPをチェック!
 

↑いちごをふわふわの生クリームで包み、チョコレートでコーティングした「ロンシャンティ」4個1,512円(税込)。見た目も食感も楽しいキュートなショコラです。
 

↑クリームとフリーズドライいちごをラングドシャで包んだ「グレイシア」4個入りの「名古屋限定マグカップ」1,430円(税込)は、売り切れ必至。今年の新作デザインにも注目!
 

【昨年2位】2021年のトレンド商品に注目!「クラブハリエ」

 
昨年のランキングでは惜しくも2位となった洋菓子ブランド「クラブハリエ」ですが、2021年は新作が目白押し!中でも注目なのが、インスタライブでファンと共同開発した「ピスタチオサンド」1個1,404円(税込)です。
 
高級なイタリア・ブロンテ産ピスタチオを使ったガナッシュを、サクッとした食感のダックワース生地でサンド。近年「空前のピスタチオブームが到来している」といわれており、ピスタチオを贅沢に使った2021年のトレンドが楽しめる一品です。
 

↑「ピスタチオサンド」
 

↑アロマ生チョコで有名な「メゾン カカオ」とコラボした「MAISON CACAO × CLUB HARIE ハートブラウニー」2,376円(税込)も今年の新作です。
 

【昨年3位】東海の食材をふんだんに使用する「パティシエ エス コヤマ」

 
兵庫県三田市の1500坪の広大な敷地にデコレーションケーキ専門店をはじめ、全8ショップを展開する「パティシエ エス コヤマ」。2021年の出店ではタカシマヤのバラがモチーフになった愛知県産の薔薇とフルーツが使用された「HAPPY ROSE ショコラータ博士と幸せのボンボンショコラ」4個入り1,728円(税込)や、三重県「川原製茶」のほうじ茶を使用した「蒸し焼きショコラ 焙じ茶」1箱2,970円(税込)など、東海の食材をテーマにした限定商品が盛りだくさん。地元の人が嬉しいラインナップです。
※午前中は「パティシエ エス コヤマ専用入場券」が必要です。詳しくは公式HPをチェック!
 

↑「限定ボンボン」はパッケージがかわいいので女性へのプレゼントにもおすすめ。
 

↑ほうじ茶の豊かな香りに加えて、カカオの華やかな酸味・甘みが広がる「蒸し焼きショコラ」。
 

初登場ブランドや
会場で楽しめるスイーツも見逃せない!

 
フレンチの第一人者ともいわれる「オテル・ドゥ・ミクニ」のオーナー・三國シェフが手がけるブランド「メゾンミクニ」や、店舗を持たずにオンラインで手作りにこだわった希少性の高いショコラを販売する「ル フルーヴ」など、初登場ブランドも見逃せません!
 
また、会場でスイーツが楽しめる「フォルテシモ アッシュ」「ミッシェル・ブラン」「京きなな」「パティスリー ヤナギムラ」の4ブランドが登場!できたてほやほやのスイーツが堪能できるのも「アムール・デュ・ショコラ」の醍醐味です。※こちらは飲食専用ブースでお楽しみいただけます。
 
入場制限なしで入れる7F・8F・9Fのサテライト会場は気軽にふらっと立ち寄れるので待ち時間にもおすすめ。カカオ豆の選定からチョコレートバーになるまでの工程を全て店舗で管理するビーントゥバーチョコレートや子どもにぴったりのキャラクターをモチーフにしたショコラ、お酒を使ったショコラなどが購入できます。
 

↑初登場ブランド・メゾンミクニの「ボンボンショコラ」8個4,301円(税込)。「ショコラティエ パレ ド オール」の三枝シェフと共同開発されました。
 

↑出来たてコルネにタブレットショコラを包み込んだ「ユニコーンのTSUNO」3本1,201円(税込)が楽しめます。
 

↑子どもが喜ぶ、「はじけるキャンディチョコレート。」はサテライト会場8階で販売。
 
 

NEW REPORT 新着記事

NEW REPORT 新着記事

もっと見る

pagetop