おでかけスイーツテイクアウト名古屋


 
複合施設「BAUM HAUS(バウムハウス)」が2021年3月4日(木)、名古屋市中区栄にオープンします。1階のフードホール「BAUM HAUS EAT」では焼きたてのバウムクーヘンが食べられるカフェのほか、話題のパリのパティスリー「ミシャラク」がPOP-UPショップとして名古屋に初出店。名古屋のグルメ通な人にとって見逃せないスポットになりそう!
 

 
地域に開かれた食堂をイメージした1階の「BAUM HAUS EAT(バウムハウス イート)」にはカフェ、デリ、ベーカリー、POPUPショップの4つのショップが入ります。
 

 
バウムクーヘンが楽しめるカフェでは、世界初のAI搭載のバウムクーヘン専用オーブン「THEO(テオ)」が職人の技術を再現。生地の焼き具合を各層ごとに解析し、その技術を機械学習していくので、まさに職人が焼きあげたようなバウムクーヘンを作ることができるのだとか。
 
今までは工場でしか食べられなかった焼きたてバウムクーヘンが楽しめるのはうれしい限り!ぜひ、こだわりのコーヒーとともに味わってみて。
 

↑写真はイメージです。
 
デリでは、有機栽培の野菜などを使った日替わりのスープやデリがメイン。ランチタイム、身体にやさしくヘルシーにいきたいけど、お腹いっぱい食べたい!という人はランチボックスやサンドイッチがおすすめです。テイクアウトメニューもあるそう。
 

↑写真はイメージです。
 
オープン時のPOP-UPショップは、パリのパティスリー「ミシャラク」。名古屋初の注目店なので、早めに先取りしておきたいところ。目玉商品のひとつは、アプリ上でAIと会話をしながら作るオリジナルスイーツ「マイコスミック」。定番のスイーツとあわせて味わってみてはいかがでしょうか。
 

 
2階にはビジネスマン向けのシェアオフィスがあり、アバターロボット「newme」が新しいビジネススタイルの実現をサポート。複合施設内全体がスタイリッシュな空間に仕上がっています。
 

 
2階「avatarpark(アバターパーク)」内でイベントがあった際にはnewmeを体験することも。公式サイトでイベントの開催をチェックして、newmeとのコミュニケーションを体感してみては。
 

 

NEW REPORT 新着記事

NEW REPORT 新着記事

もっと見る

pagetop