イベント中区名古屋

徳川家康が天守となって以来、名古屋のまちを守ってきた名古屋城の金鯱。16年ぶりに地上に降臨し、巨大なアートギャラリーとして楽しめるイベント「名古屋城金鯱展 KIN-SHACHI EXHIBITION ~守り神降臨、海と山の祈り~」が開催されます。
 
名古屋城天守から降臨した金鯱「海シャチ」「山シャチ」がお披露目されるのは、二之丸広場を海と山に見立てた会場。遥かユーラシア大陸を旅してきた鯱のルーツや、古今東西、災厄と向き合ってきた鯱の仲間たちを表現した独創的な絵図とともに、見て、学んで、体感できるインスタレーション展示が楽しめます。
 

↑名古屋のシンボルでもある金鯱が近くで見られるチャンス!
 

会場には3つのコースが

 
①スタンダードコース
イラストレーター2yang氏の絵図展示の後、砂山で光輝く雄の金鯱「山シャチ」を全方向から鑑賞し、水盤に浮かぶ雌の金鯱「海シャチ」を望むスタンダードなコース。
 
②ショートコース
海シャチ・山シャチの姿が短時間で楽しめるコース。
 
③フォトコース(有料)
海シャチの近くで記念撮影ができるコース。名古屋城専属のフォトグラファーに撮影してもらい、撮影した写真がオリジナルデザインの台紙に入れてもらえるほか、データももらえます。
※参加料は1組2,000円。名古屋城金鯱展特設ウェブサイトから事前申し込みするか、当日配布の整理券が必要です。
 

 

オリジナルのお土産にも注目!

 
名古屋の郷土玩具を限定1,000個で復刻した「金鯱土鈴」をはじめ、金鯱展特別記念の「金の御城印」など、オリジナルのお土産が物販ブースで販売されます。
 

↑金鯱土鈴
 

↑金シャチクリップス
 
そのほか、東日本大震災から10年の節目を迎える陸前高田市から観光PRや物販・飲食ブースが出展。また、3月20日(土・祝)~5月5日(水・祝)は、「名古屋城春まつり」も同時開催。西南隅櫓や茶席が特別公開されるほか、ステージイベント、飲食ブースも。4月11日(日)までは19:30まで夜桜ライトアップも行われます。
 
 

NEW REPORT 新着記事

NEW REPORT 新着記事

もっと見る

pagetop