キャラクター「HIROBAくん」と一緒に、NEWスポットや話題のスポットに潜入。 おでかけ三重鳥羽市

 

三重県鳥羽市といえば、真珠や牡蠣の養殖業や伊勢エビやアワビなどの漁業が盛んな街。中でも相差(おうさつ)町は海女さんが多く、「海女小屋 相差かまど」では現役海女さんとおしゃべりしながら海の幸をいただけるそう。本物の海女文化に触れに、HIROBAくんとおでかけします。

 

▼もくじ
・海女さんの大切な憩いの場、海女小屋
・目の前で焼いてくれる海の幸に舌鼓
・昔から海女さんを見守る「石神さん」

 

海女さんの大切な憩いの場、海女小屋

 

 

相差かまどは、最大40人まで入れる「海女小屋 前の浜」と、目の前に広大な海原が広がる「海女小屋 おぜごさん」の2か所。今回訪れたのは「おぜごさん」。「前の浜」近くにある駐車場に車を停め、海沿いの心地よい風を感じながら浜を歩いておぜごさんへ。

 

浜を進んでいくと、白い磯着姿の海女さんに迎えていただきました。海の目の前にある海女小屋は、漁から戻った海女さんが暖をとったり、海女さん同士で情報交換したりする場所。HIROBAくんと「おじゃましま~す」。

 

小屋内の壁にかけられているのは、海女さんが普段使っている漁具。「昔は獲ったものを桶に入れていましたが、今は浮輪(タンポ)と網袋を使っているんですよ」と海女さん。漁の方法や漁具の使い方を教えてもらいました。

 

 

ところで、磯着にある不思議な模様は何ですか?と聞いてみると、「ドーマン・セーマン」と呼ばれる魔除けのシンボルとの答えが。「格子状の『ドーマン』は多くの目で魔物を見張り、星形の『セーマン』は一筆書きであることから、必ず元の位置に戻って魔物が入る余地を与えない、といわれています」。昔から海女さんが身に着けていた模様で、相差の街のあちこちでこのモチーフを見かけます。

目の前で焼いてくれる海の幸に舌鼓

 

さて、そろそろお腹がすいてきました。ランチタイムは海女さんが獲った旬の魚介を使った料理を、ティータイムは海女さんとのおしゃべりをメインにおやつを楽しめるそう(どちらも要予約)。私たちが予約したランチ、この日はサザエ・大アサリ・ヒオウギ貝といった貝類を中心に、イカの一夜干しやアジの干物も楽しめるメニューです。冬のシーズンは牡蠣が登場することもあるそう!

 

目の前のいろりで海の幸を焼いてくれる間も、気さくで話し上手な海女さんとのおしゃべりに花が咲きます。食欲をそそる匂いが辺りに漂って……HIROBAくんのお腹も思わずグーッ。

 

ウニとひじきのごはん、餅入り味噌汁、海藻の付け合わせと一緒に、焼き立ての魚介類をいただきます。別料金で伊勢エビやアワビを追加する時は、予約した方がベターです。

 

波の音を聞きながら小屋の中でゆったりとした時間を過ごしていると、別世界へとトリップしたかのよう。HIROBAくんと一緒にまったりしていると、日常の喧騒を忘れてしまいます。

 

食事のあとは、海女さんの伝統的な装いでもある白い磯着を着て記念撮影! 海に潜ることはできませんが、なんだか海女さんになった気分です。

 

昔から海女さんを見守る「石神さん」

 

 

相差かまどで海女文化に触れた後は、海女さんが安全大漁祈願をしてきたという神明神社「石神さん」へ。“女性の願いを必ず一つは叶えてくれる”と信仰されており、女性参拝客が多く訪れます。祈願紙にお願いごとを記入し、願い箱に入れてお祈り。「ドーマン・セーマン」の模様が描かれた「石神さんお守り」も人気だそう。夜には社のライトアップも行われ、幻想的な雰囲気を感じられます。

海女文化の体験を通じて、元気な海女さんパワーを分けてもらいに行ってはいかがですか?

 
そのほかのおすすめ記事
 
袴姿で明治時代にタイムスリップ!【博物館明治村】
記事はこちら→大河ドラマで話題の渋沢栄一ゆかりの建築も!袴姿で巡る明治村
 
フォトジェニックな昭和レトロを楽しむ【昭和日常博物館】
記事はこちら→昭和の日常の激動に興味津々!レトロでフォトジェニックな【昭和日常博物館】
 
花と地ビールで北欧感じる休日【デンパーク】
記事はこちら→北欧の雰囲気漂う「デンパーク」で、花と地ビールを楽しむ大人の休日
 
(文:河合春奈) 
 

NEW REPORT 新着記事

NEW REPORT 新着記事

もっと見る

pagetop