話題店からニッチな店まで、東海エリアのおすすめグルメやスイーツ店を紹介。 カフェグルメ可児市岐阜


 
岐阜県可児市にあるカフェ「VOLPE CAFE(ボルペカフェ)」。実はただのカフェではなく、美容院併設というちょっと変わったカフェ。岐阜県産の木材を使い洗練された空間で、インスタでも話題の写真映えするドリンクをはじめとしたオリジナルカフェメニューを味わうことができます。カフェのみの利用はもちろん、美容院利用の前後に優雅な時間を過ごすのにもピッタリです!
 

オーナーは現役ヘアスタイリスト

 

グリーンに囲まれた、シックかつ個性的な建築が目を惹く「ボルペカフェ」。
 
2020年12月にオープンしたカフェですが、なんと、同建物内に美容院が併設されているという少し変わった造り。というのも、愛知県小牧市出身のオーナー・鈴木啓介さんは、東京・表参道の美容院で働いていた経験もある現役のヘアスタイリストなのです!

 

画像提供:VOLPE STORE

↑ヘアスタイリング以外にも、映像やグラフィックのディレクションもこなしているマルチな鈴木さん(左)と、タッグを組んでカフェ店長を務める今井彬乃さん(右)。
 
「コンセプトに掲げているのは“変化”。美容院に行って見た目も心もスタイリッシュに変われたら、素敵な場所に足を運んでみたくなると思うんです。東京で培ったトレンディでアーバンな要素を生かしつつ、そんな場所や体験を自分たちでプロデュースできたらと、美容院に併設してカフェをオープンしました」。
 

↑シンプルでナチュラルな空間が広がる美容院「VOLPE(ボルペ)」。
 

ヘアスタイリストの感性が光るメニュー

 

 
カフェの店長を務めるのは、美容学生時代から2人でコンテストなどに挑んでいた仲だという可児市出身の今井さん。
 
今井さんは東京・渋谷でヘアスタイリストとして活躍した後、飲食業に転身。味にも見た目にも手を抜かず、何度もミーティングや試作を重ねながら作り上げるオリジナルメニューには、元ヘアスタイリストならではの豊かなセンスが光ります。
 
ドリンクだけでも50種類ほどがそろう自慢のメニューから、いくつかピックアップしてご紹介!
 


↑シナモン、ショウガを使い、大人っぽい味わいに仕上げた「自家製レモネード」650円(税込み)。甘み付けには黒糖とキビ砂糖を使っているので、さわやかさの中にもコクが感じられます。
 

↑シンプルながらも色味のバランスが考えられた人気ランチ「特製ルーロー飯」1,200円(税込み/スープ、サラダ、ドリンク付き)。
 
本場台湾では八角などのスパイスが効いているルーロー飯ですが、ボルペではスパイス控えめで日本人の味覚に合わせた味わいに。また、脂身などで重くなりがちな豚肉煮込みにタケノコとシイタケ、エリンギを混ぜ込むことで、食感も楽しく軽やかに仕上げています。
 
メニューには玄米や五穀米を使用していたり、野菜をメインに使った料理が多かったりと、女性にうれしい「ヘルシーさ」を意識しているのもポイント!

 

↑こちらは、なめらかな食感でバナナと紅茶の豊かな香りがふわりと鼻に抜ける「アールグレイとバナナのチーズケーキ」450円(税込み)。
 
表面はパリッとしたブリュレ、底には少しもっちりとした食感のバナナが敷かれていて、フォークを入れた瞬間から3段階の異なる食感が楽しめます。
 

↑若い女性を中心に、SNSでも話題の「ピンクレモネード」650円(税込み)。人気の秘密は…?
 

↑黄みがかったレモネードに紫の「バタフライピー」という植物系シロップを入れて混ぜると…
 

↑なんと色が可愛らしいピンク色に変化!
 
バタフライピーのシロップがレモンの酸に反応して色が変わるそうですが、これもボルペのコンセプト“変化”にピッタリのドリンクです。コクのある甘さを感じる、先ほどの「自家製レモネード」とはまた異なり、甘さ控えめで後味もすっきり。

 

岐阜の木材を使ったインテリア

 
そんなSNS映えするメニューがそろうボルペの見逃せないもう1つの特徴が、広々とした明るい店内空間です。
 

↑大きなガラス窓から日差しがたっぷりと入り込みます。
 
吹き抜けの広々とした店内は、岐阜県産の木材がふんだんに使われており、温もりがたっぷり。ゆとりがある座席数で、テラス席も完備しているので、まったりとくつろぐことができます。

 

↑美容院でも使用している家具は、愛知県のメーカーをセレクト。
 
今後は、現在使用していない2階のスペースを利用して、全国のクリエイターの雑貨を扱うショップも構想中とのこと。さらには、コロナ禍でのオープンでこれまでできていなかったお酒とこだわりのおつまみやフードメニューを提供する夜カフェの営業にも力を入れていくそう!
 
至るところにヘアスタイリストならではのセンスが光るカフェ「ボルペ」。ヘアメイクだけでなく、ライフスタイル全般をスタイリングしてくれるような、素敵な場所でした。

 
 

 
インテリアにもこだわりのある「ボルペ」。店内で気に入った家具があれば、オーナー・鈴木さんが購入場所の紹介もしてくれるそう。おうちにボルペの素敵な空間を再現する…なんてことも出来ちゃうかも!
 

 
 
そのほかのおすすめ記事
 
豊田市の古民家カフェ「喫茶室 転々」
記事はこちら→豊田市の古民家カフェ「喫茶室 転々」で自然を満喫するおやつタイム
 
シックなドライフラワーが彩る洋菓子店「カシヅキ」
記事はこちら→キュートなお菓子が話題!シックなドライフラワーが彩る洋菓子店「カシヅキ」
 
旬のフルーツたっぷりのパフェが人気!「パパパフェ」
記事はこちら→旬のフルーツを使った贅沢スイーツ!人気ラーメン店の新業態「パパパフェ」
 
 
(文:佐藤奈央)
 

NEW REPORT 新着記事

NEW REPORT 新着記事

もっと見る

pagetop