話題店からニッチな店まで、東海エリアのおすすめグルメやスイーツ店を紹介。 カフェグルメ南区名古屋


 
2021年6月、北海道の食材に感動したというオーナー・徳永将彦さんが名古屋市南区にオープンした、フルーツサンド・けずりフルーツのお店「BON LUMIERE(ボンルミエール)」。北海道・札幌市に住んでいる徳永さんが北海道の生産者と積極的にコミュニケーションを図りながら食材を直接仕入れているため、そのおいしさは格別!実は徳永さんは愛知県北名古屋市出身。北海道の絶品食材と故郷・愛知への愛がギュッと詰め込まれたボンルミエールにお邪魔しました!
 
 

濃厚生クリームが自慢のフルーツサンド

 

画像提供:ボンルミエール

 
名古屋市南区の閑静な住宅街にオープンした「ボンルミエール」。十字路の角に佇み、外壁に描かれた可愛らしいフルーツサンドとけずりフルーツのイラストが目印です。
 

↑笑顔がとっても素敵で気さくな徳永さん。
 
徳永さんが魅せられたという北海道の牛乳を使用した、フルーツサンドとけずりフルーツがこちら。
 

↑ボリューム満点のフルーツサンド各種 450円(税込み)~。
 
フルーツサンドと言えば、その名の通りフルーツが自慢!…のイメージがありますが、ボンルミエールが力を入れたのは生クリーム。濃厚で甘味もしっかりと感じられる北海道産の牛乳を使用した生クリームがたっぷり!
 

↑フルーツサンドは常時8種類。季節によってフルーツのラインナップが変わります。
 

↑生クリームたっぷりのけずりフルーツが珍しい!「オレンジマンゴー」650円(税込み)。
 
牛乳と練乳をエスプーマ状にしたふわっふわの生クリームがドドンと乗ったけずりフルーツ。凍ったフルーツを贅沢に削ったスイーツで、かき氷と違い、溶けてもフルーツの食感が楽しめるのがうれしい!まずは生クリームを2、3口味わい、その下にヒンヤリとしたけずりフルーツ、底に敷かれたフルーツソースを絡めて3段階の変化が楽しめます。
 

画像提供:ボンルミエール

↑話題のマリトッツォもフルーツたっぷり!「イチゴマリトッツォ」400円(税込み)~。
 
 

農園に足を運んで仕入れる、こだわりイチゴ

 

画像提供:ボンルミエール

 
生クリームに力を入れているのがボンルミエールの特徴ですが、実はイチゴにもかなりのこだわりが!
 
フルーツサンドには北海道・浦河町産のイチゴを、けずりフルーツには日本最北端の村である猿払村のイチゴを使用。徳永さんが直接足を運び、時には作業のお手伝いもしながらコミュニケーションを取っている農園ばかり。これらのイチゴは、厳しい寒さを乗り越えてギュッと詰まった強い甘みが特徴です。
 

画像提供:ボンルミエール

 
「せっかくこんなにもおいしいイチゴなのに北海道内にしか卸しておらず、道外の人に食べてもらう機会がない。ボンルミエールのフルーツサンドやマリトッツォなどを通して多くの人に知ってもらい、喜んで食べてくれていることを農家さんたちに伝えると、とてもうれしがってくれるんですよ」と徳永さん。
 

画像提供:ボンルミエール

↑今後は、お付き合いのある北海道・岩見沢市にある廣川農園の野菜も店頭で販売していくそう。
 
現在、イベントの企画・運営や日本各地の地方創生に携わる仕事の会社を東京で経営している徳永さん。「地域活性やPRの仕事の中で、北海道の行政やJAだけでなく生産者さんと直接会うことが増えたんです。北海道に住んでいても知らなかった北海道産の食材の素晴らしさに改めて気づかされました」。
 

↑自然豊かな北海道を意識したナチュラルな雰囲気の内装。
 
とくに酪農王国・北海道の濃厚でプレミアムな牛乳の味わいに感動したことで、以前から描いていた故郷・愛知にお店を構えるという夢を現実化しようと決意したそう。「地元の北名古屋市近郊も視野に入れていましたが、笠寺観音や緑豊かな公園、多くの学校がある南区を訪れた時に、『落ち着きのある温かな雰囲気が好きだ』とビビっときたんです」と南区の魅力にハマったと言います。
 

 
加えて、地域の人に愛されながらお店を育てていきたいとの思いもあった徳永さん。それも繁華街ではなく、住宅街の一角にお店を構えた理由だそう。
 
北海道の味わいを本州の人々に伝えたい!親しみを持ってほしい!まさに、その思いが形になったお店なのです。
 
 

北海道のアンテナショップや文化発信地点に

 

↑店頭に並ぶ、パッケージも可愛らしい北海道グルメ。
 
店内ではフルーツサンドとけずりフルーツのほかにも、徳永さんが北海道から仕入れてくる北海道グルメを販売。物産展でもなかなかお目に掛かれない缶詰や調味料、レトルトカレーなどが並んでいます。
 

↑お店のシャッターには多摩美術大学の学生がお店周辺の南区を巡り、インスピレーションで描いたアート作品が。
 
今後は名古屋の学生など若い世代にもお店のアートを手掛けてもらい、アーティストとして作品を披露できる場所を提供したいと言います。
 
「食だけに留まらず、面白いことはどんどん挑戦していきたい。いろんなきっかけでお店に興味を持ってもらい、そこからお店で取り扱っている北海道食材や北海道のことを知ってもらえるとうれしいです」。
 

 
北海道のアンテナショップのような存在でありつつ、アートなど文化的な角度からも魅力を発信する場所に進化を遂げていこうとしているボンルミエール。イベントや地方創生に関わる徳永さんだからこそ、湧いてくるアイデアが形になったお店なのかもしれません。

 
 

 
これまでテイクアウトのみの営業でしたが、8月からイートインスペースが加わりさらにパワーアップ!今年秋頃には、同じ南区内の地下鉄桜本町駅近くに2店舗目をオープンする予定だそう。また、今後は移動販売も計画中とのこと。オープンから間もないですが、南区からより多くの人に北海道の味わいを届けるため、どんどん進化し続けています。
 

 
 
(文:佐藤奈央)
 

NEW REPORT 新着記事

NEW REPORT 新着記事

もっと見る

pagetop