話題店からニッチな店まで、東海エリアのおすすめグルメやスイーツ店を紹介。 カフェ岐阜岐阜市


 
岐阜市役所のほど近くに2021年5月にオープンした「COCKNEY COOKS.BLITZ(コックニークックス.ブリッツ)」は、柳ケ瀬エリアで人気のコーヒースタンド「BLITZ coffee(ブリッツコーヒー)」の2号店。ブリッツコーヒーではテイクアウトのコーヒーやスイーツが中心ですが、こちらの2号店では本場インドで学んだというオーナー特製レシピのスパイスカレーが味わえます。
 

↑大きな窓からは淹れたてのコーヒーの良い香りが。
 

↑1階はコーヒースタンド、奥の階段を上った2・3階のカフェスペースでスパイスカレーが楽しめます。
 
“日常に溶け込む”そんな距離感を大切にしているという店長の山田規喜さん。お客さんに愛着をもってもらえるようにと、店舗のSNSではオープン前から内装工事の様子をこまめに発信。「準備期間も共有することで、店舗の物語を一緒につくっているような感覚を抱いて欲しかったんです」と話します。
 

↑店長の山田さん自身も店舗の準備期間から携わっていたそうです。
 
 

本場インドの味!スパイス香る絶品カレー

 
新店舗・ブリッツの目玉は何といっても、1号店にはない「スパイスカレー」。なぜコーヒースタンドのブリッツコーヒーが、新たにスパイスカレーに着手したのでしょうか?
 
「ブリッツのオーナーが過去にインドを訪れた際に本場のカレーのおいしさに感動して、“いつか地元の岐阜でこの味を多くの人に届けたい”と思っていたそうです。それから何度もインドに渡ってカレー作りを学んでいました」。オーナーの夢が2号店でついに形になったのだそうです。
 

↑「KERALA CHICKEN」950円(税込み)。ライスは本場インドのバスマティライスと白米から選べます。
 
ブリッツ特製のスパイスカレーが「KERALA CHICKEN」。こだわりは数10種を配合したというスパイス。辛味や酸味、渋みなどさまざまな香りが食欲を刺激します。
 
一口頬張ると奥深いスパイシーさを感じる一方、“食べやすさ”にも驚きます。その秘密はココナッツ。主役であるチキンのジューシーな旨味と香り高いスパイス、そしてそれらを受け止めるココナッツの甘み。三位一体となってスパイシーな味わいと食べやすさを両立しているのです。
 

↑「CHICKEN 65」380円(税込み)。インドで定番の鳥料理「CHICKEN 65」。特製スパイスをまぶしたサクサクの衣の食感がクセになります。
 
「インドで毎日食べられているような、家庭的でスタンダードなカレーを目指しています。不思議なことにお客様からは、なんだか懐かしい味がすると言われることも。今までスパイスカレーは苦手だと敬遠していた人にも、ぜひ食べていただきたいです」と山田さんは自信を見せます。
 
 

食後にコーヒーや会話を楽しむひととき

 

↑コーヒーは注文が入るたびに一杯ずつハンドドリップで淹れます。
 
スパイスカレーを堪能した後は、1階のコーヒースタンドで食後のコーヒーを注文するのがブリッツコーヒーの楽しみのひとつ。
 
ハンドドリップにこだわるのは、「お客さまとの時間を大切にしたいから」。山田さんは、「ハンドドリップにかかる5分間にお客さまと世間話や趣味の話をするのが好きなんです。つながりが生まれるこの時間こそが、コーヒースタンドの魅力です」と話します。
 

↑コーヒースタンドには焙煎士によるブリッツオリジナルのコーヒー豆が並びます。
 
ブリッツのコーヒーは中深煎りで濃厚な味わい。近年トレンドの浅煎りコーヒーではなく、あえて中深煎りにしているのは、岐阜県に根付く喫茶店文化を考えてのこと。この地域の喫茶店では昔から中深煎りコーヒーが愛されているため、地域の人の“日常の一杯”となるよう、馴染みのある味わいにしたのだそうです。
 

↑「オリジナルブレンド珈琲(Blend 3rd)」400円(税込み)。“カレーに合うコーヒー”がコンセプトの華やかでスパイシーな味わい。
 
“日常の一杯”というオーダーに対して焙煎士がブレンドするコーヒー豆は、深いコクはもちろん、その先にアフリカ地方のコーヒー豆の特徴である爽やかな酸味や、果実のような甘みも感じられる絶妙なバランスを実現しています。
 

↑インドの伝統的なお菓子・ソアンパプディをドリンクにアレンジした「アイスソアンパプディ」470円(税込み)
 
コーヒーのほかにおすすめなのが「アイスソアンパプディ」。甘さとスパイシーさのバランスがクセになる味わい。また、レモンやブルーベリーなどの自家製シロップを使ったソフトドリンクも充実!
 

↑「ミックスベリーミルク」580円(税込み)
 

↑「自家製レモンソーダ」550円(税込み)
 
ほかに「自家製カルダモンソーダ」「ミックスベリーソーダ」なども。2階で絶品のスパイスカレーを楽しみ、1階のコーヒーカウンターで“つながり”を感じるひとときを過ごす。2軒ハシゴしたかのような贅沢で充実した時間が満喫できます。

 
 

 
岐阜初のコーヒースタンドであるブリッツコーヒー。そして、まだ東海エリアでは馴染みの薄いスパイスカレーに挑戦する2号店のブリッツ。地元に食の新しいカルチャーを根付かせたいという意気込みを感じます。また、取材中も1階のコーヒースタンドからはお客さんと楽しそうに会話をする声が。オープンしてまだ数ヶ月ですが、地域の人の“馴染みの場所”になりつつあるのだと感じました。
 

 
 
(文:山田泰三)
 

NEW REPORT 新着記事

NEW REPORT 新着記事

もっと見る

pagetop