キャラクター「HIROBAくん」と一緒に、NEWスポットや話題のスポットに潜入。 おでかけ三重四日市市


 
冬の寒い時期のお楽しみの一つ、温泉。温泉旅館で一泊のんびりというのもいいですが、もっと手軽に行きたいなら、日帰りできるスーパー銭湯がおすすめ。なかでも三重県四日市市にある「四日市温泉 おふろcafé湯守座」は、“現代の芝居小屋”をコンセプトにした温浴施設として話題を集めています。一体どんな場所なのか、興味津々!さっそくHIROBAくんと訪れました。
 

▼もくじ
・近鉄四日市駅から車で約10分のまちなか温泉
・バラエティ豊かなお風呂に泥パックも!
・お気に入りの浴衣で飲食や読書タイム

 

近鉄四日市駅から車で約10分のまちなか温泉

 

 

湯守座があるのは、近鉄四日市駅から車で10分ほどの場所。周りを商業施設や住宅街に囲まれており、「この場所に天然温泉が!?」とちょっと驚くHIROBAくん。ですが、温浴施設としての歴史は古く、“おふろカフェ”をコンセプトとした現在の形は、2017年のリニューアルで誕生したそうです。
 


 
入り口は和傘や水引で可愛く飾られ、いきなり女子の心をわしづかみにしていきます。
 

 
広い駐車場もありますが、近鉄四日市駅から無料のシャトルバスも毎日運行されているので、「バスで行ってビールを飲みながらダラダラ過ごすのもいいな……」とHIROBAくんは企んでいる様子。早速受付して入館します!
 

 
館内に入るとまず目を奪われるのは、吹き抜けを突っ切るようにそびえる「行燈タワー」。三重県産の杉で作られていて、タワーの中の階段を上っていくと半個室のようなスペースがあるそう。後でゆっくり堪能しましょう。
 

バラエティ豊かなお風呂に泥パックも!

 

 
四日市温泉は弱アルカリ単純温泉で、加水なしの天然温泉。単純温泉は通常、無色透明で無味無臭であることが多いのですが、四日市温泉はほんのり硫化水素臭があります。
 
女性用の大浴場には「土俵風呂」があるなどユニーク!元幕内力士だった剣武関による監修で、本格的な趣です。
 

 
ほかにも、かま風呂ミスト浴や…
 

 
高濃度炭酸泉もあり、のんびり入浴が楽しめます。
 

 
山形県西村山郡月布で採掘された「モンモリロナイト」の泥パックはなんと無料!ミネラルがたっぷりで、肌もぷるぷるに。浴室内に男女ともに用意されているのもうれしいポイントです。

 

お気に入りの浴衣で飲食や読書タイム

 
お風呂を堪能したあとは、可愛いデザインの館内着にお着替え。なんと、女性には貸し出し無料の浴衣もあるんです。早速気に入った浴衣にチェンジ!
 

 
舞台ではそろそろショーの開演時間のよう。さっそくステージのある広間へ行きましょう。
 

 
大衆演劇は月3回の休演日を除き、基本的に毎日公演。月ごとに上演する劇団が変わるため、毎月新鮮な気持ちでショーを楽しむことができます。観劇は無料。間近で観たい時は「かぶりつき」のS席(有料)を予約するのがおすすめです。
 

↑お芝居や舞踊、歌謡ショーを披露してくれます。
 

昼の部と夜の部があり、食事ができる席も用意されているため、昼夜通して観劇を楽しむお客さんも多いそう。ボックス席もあり、予約優先ですが空いていれば予約なしでも利用できます。
 
ショーを観覧して、そろそろお腹が空いてきました。
「湯守座の中で食べるごはんがおいしい!」との噂を耳にしていたHIROBAくん、期待に胸が高まります……!
 

 
こちらは女性に人気という「明太子のおうどん(820円)」。もちもち、しこしこのうどんに明太子がたっぷり。つるつるっと頂けます。
 

↑定食もあるので、お酒を飲まない人もしっかりとお腹を満たせます。
 
四日市のB級グルメといえば「とんてき」。こちらでも「とんてき 秘伝のタレ仕上げ」は人気メニュー。ニンニクの香りが食欲をそそる、食べ応えたっぷりの分厚いとんてきに甘辛ダレが絡まり、思わず「ビール!」と叫びたくなるHIROBAくんなのでした。
 

↑甘味はほかに、かき氷やわらび餅なども!
 
また、甘味が充実しているのも特徴です。今回注文したのは「特選 てまりパフェ 抹茶(630円)」。小ぶりのどんぶりに盛り付けられたパフェには、アイスクリームをはじめ、あんこや団子がたっぷり!
 
お腹が満たされた後は、ちょっとのんびり読書でも…。
「おふろカフェ」との名の通り、館内にはのんびり過ごせるソファ席や半個室のブースがいっぱい。
 


↑2階にある半個室ブース。
 

↑行燈タワーの中にある半個室。女子トークが盛り上がりそう……。
 



↑本は館内のいたるところに置いてあるので、好きな本を探す楽しみも。
 
一人でも、友達同士でも、恋人同士でもゆったりできるスペースがいっぱい。また、館内には雑誌やマンガ、単行本がズラリと並び、その数はなんと6000冊以上!
 

↑昔懐かしのスマートボールは1回300円。
 
館内にはほかに、ボードゲームやレトロゲームなどの遊べるグッズや、ちょっと仕事や調べ物ができるコワーキングスペースも。さらに、電動マッサージチェアやコーヒーも無料!長く過ごしても全く苦になりません。むしろここに住みたいくらい快適……!
 

↑「おみやげ処 ちゃちゃばしら」にはオリジナルコスメも。
 
そのほか、今話題のサウナ関連グッズや日常使いしたい可愛い雑貨、地元の調味料もありました!
 

気づいたらストレスから解放され、冬の寒さも忘れるほどリラックス。今度の休日は、1日中楽しめる湯守座でのんびりしてみませんか?
 
(文:河合春奈)

 

NEW REPORT 新着記事

NEW REPORT 新着記事

もっと見る

pagetop