イベント岐阜岐阜市

塔本シスコ《ひまわりの中で インコ》1987年 個人蔵

 
人生を丸ごと絵日記に描き出すかのごとく、塔本シスコさんが日々の暮らしを題材にした作品が集まる展覧会「塔本シスコ展 シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記」が2022年6月26日(日)まで岐阜県美術館で開催中。
 
53歳から独学で絵を描きはじめ「私は死ぬるまで絵ば描きましょうたい」と絵筆をとり続けたシスコさん。同展覧会では本格的に絵を描き始めた1960年代の初期作品から、素麺の木箱、竹筒、木製の引き出し、お酒の空き瓶、しゃもじまでをキャンバスにした晩年の作品まで、200点以上の作品が展示。シスコさんの言葉でまとめられたユニークな展覧会構成も見どころです。

 
………………………………
第1章「私も大きな絵ば描きたかった」-パラダイスへの第一歩-
第2章「どがんねぇ、よかでしょうが」-熊本から大阪へ-
第3章「ムツゴロウが潮に乗って跳んでさるく」-ふるさとの思い出日記-
第4章「私にはこがん見えるったい」-あふれるシスコ・パラダイス-
第5章「また新しかキャンバスを持ってきてはいよ」-とまらないシスコ・ワールド-
第6章「私は死ぬるまで絵ば描きましょうたい」-シスコの月-
第7章「シスコは絵を描くことしかデキナイのデ困った物です」 -かかずにはいられない!-
………………………………
 
<第1章の作品>

塔本シスコ《秋の庭》1967年 世田谷美術館蔵

 
<第4章の作品>

塔本シスコ《ネコ》1996年 個人蔵

 
<第6章の作品>

塔本シスコ《シスコの月》2004年(絶筆) 個人蔵

 
<第7章の作品>

塔本シスコ《花》2004年 個人蔵

 
生涯にわたって、少女のような純粋さを保ち、自身の喜びと夢を制作の源泉にしていたシスコさん。200点以上の作品で埋め尽くされた会場内は、喜びとエネルギーに満ちあふれた、まさにシスコパラダイス!

 

NEW REPORT 新着記事

NEW REPORT 新着記事

もっと見る

pagetop