魂を揺さぶる絵本作家の展覧会
「田島征三 アートのぼうけん展」
●4/23(土)~6/12(日)

田島征三 アートのぼうけん展

デビュー作『ふるやのもり』(1965年)から半世紀以上、現在も第一線で活躍する絵本作家・田島征三さんの展覧会「田島征三 アートのぼうけん展」が2022年4月23日(土)~6月12日(日)に刈谷市美術館で開催。代表的な絵本を含む30冊以上の絵本絵画に、油彩画やリトグラフなども加えた計270点以上の作品が展示され、ジャンルに縛られない独創的な世界観に心奪われます。

人気絵本の貴重な原画が揃う

『ちからたろう』原画 1967年 刈谷市美術館寄託
『ちからたろう』原画 1967年 刈谷市美術館寄託

『ちからたろう』は田島征三さんが世界的に有名になるきっかけとなった作品。1969年、29歳の時に第2回ブラチスラバ世界絵本原画展で金のりんご賞を受賞し、この作品以降、国内外から数々の絵本賞を受賞するようになりました。

『とべバッタ』原画 1988年 刈谷市美術館蔵
『とべバッタ』原画 1988年 刈谷市美術館蔵

↑絵本にっぽん賞、小学館絵画賞を受賞した作品。力強い絵と言葉が読む人に勇気を与えます。

『ガオ』原画 2001年
『ガオ』原画 2001年

↑無数の木の実を使って表現された摩訶不思議な物語。じっくりと見ることで、その緻密さや表現力の高さを実感できます。

アートを深く味わえる関連イベント

4月27日(水)、5月11日(水)、6月8日(水)の14時からは、学芸員によるギャラリートークが実施されます。参加無料&申込不要でプロの視点や分析を聞けるので注目!

また4月22日(金)~5月19日(木)には刈谷市内の映画館・刈谷日劇で映画「絵の中のぼくの村」(1996年公開)が上映されます。田島征三さんの双子の兄征彦さんとの少年時代を描いた自伝的エッセイ『絵の中のぼくの村』(1992年)を原作とした郷愁あふれるファンタジー作品で、ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞しています。本展入場券(半券も可)を提示すると映画料金が200円引きに!革新的な絵本作家のルーツが垣間見えるかも!?

長年にわたり人々を魅了してきた田島征三さんの型破りな創作を存分に堪能してみては。

田島征三 アートのぼうけん展
日程4月23日(土)~6月12日(日)
時間9:00~17:00
場所刈谷市美術館(愛知県刈谷市住吉町4-5)
入場料一般1,000円、学生800円、中学生以下無料
駐車場60台
アクセスJR・名鉄「刈谷駅」より徒歩約10分
問い合わせTEL 0566-23-1636(刈谷市美術館)

https://www.city.kariya.lg.jp/museum/exhibition/schedule/1010156.html

シェアしてね!

新着情報

新着情報
もくじ
閉じる